| 1 | 2 | 3 | ...| 1262 | 1263 | 1264 | Next»

2022-08-12

季節だより風だより・忘れ物

処方箋







昨日は母の命日を忘れたことを書いた。
私だけでなく弟はどうであったか電話してみると、彼も失念したようだった。
「今、お盆さん用の安倍川餅の生産が忙しくて出来上がった餅を配り歩かないとならない」
とのこと、そういう言えば甲府近辺はお盆に安倍川餅をそなえる習慣があるようだ。
故郷切石では安倍川のかわりに「あんころもち」を作ってた
もしかして‥これは推測だが甲州名物の信玄餅は安倍川餅から発想を飛ばしているのかもしれない。
餅は求肥で黄な粉と黒蜜も使っている。

それはさておき母の命日を忘れるくらいだから、ちぐはぐな一日となってしまった。
まずは無聊を慰めるために持っていっているタブレットをクリニックに置いてきてしまった・・・加えて来週の薬のための処方箋も忘れた。
そこで泣く泣く透析日でもないのにクリニックに出かけて行った。
受付嬢を通してロッカー室に入り自分のロッカーから処方箋とタブレットを取り、北野にある処方箋薬局にいくと・・・
本日は休日のため休みだった。
「山の日」だそうだ…私が若いころはそんな休日はなかった・・・腹立たしい。
処方箋の有効期限は3日なので今日わたしの代わりにタカコサンに行ってもらう。

ちなみに姉に命日を聞いたところ、ちゃんと覚えていた。
母を看取ってくれたのはすぐ上の姉だった・・・・



yodaさんの投稿 - 09:49:22 - - トラックバック()

2022-08-11

季節だより風だより・風立ちぬ

命日








ひんやりとした風が窓から吹き込んできた。
昨日とは明らかに違う風であった。
時計を見ると丁度7時を指していた。
いよいよ秋の風が立ったようだ。
昨夜は透析から帰り夕食を済ませてすぐに床についてしまった。
何がどうというわけでもないが、やはり連日の暑さに眠れず、睡眠不足が続いていた。
覚えているのは時計が9時を指していたことだ。
それから泥のように眠るという表現がぴったりだったかもしれない。
途中2時ごろに眼が覚めて、夢遊病者のように夏掛けの布団を持ち、階下に降りてリビングのソファーで寝た。
夏の間時々これをやるのだ。
幅が60センチぐらいで仰向けにも腹ばいににもなれぬ狭さであるが横向きになって寝る。
皮のヒンヤリとした感触が心地よいのだ。
普通なら床に落ちても仕方がない狭さであるがいまだ一度もそれはない。
4時ごろ目が覚めてまた夏掛けをもって二階に上がりベッドで寝なおした。
7時に起きて、ベッドの縁に座り込んでボーとしていたが、昨日は透析があった日だが何か大きな忘れ物をしたような気がした。

だんだん目が覚めてきて思い出した・・・母の命日だったのだ。
2005年8月⒌日・・・ちょうど起きて朝食をとろうとした時にすぐ上の姉から電話があっていよいよ危ないのですぐ来なさいと言われた。
ちょうどこの日は一人で八ヶ岳の山荘に居た。
「朝飯食ったらすぐ行く」と言ったところ、「朝ごはんなんかいいからすぐ来なさい」と𠮟られた。
山荘から病院まで2時間はかかりそうなのですぐに駆け付けても間に合いそうもなかった。
正直なところ、死に目になど会いたくなかったのだ。
それからこの日は長い1日になることが分かっていた。
腹が減っては何とやらで、しっかりと朝食は取って出かけて行った。

病院に着くとすでに母の遺体は車に乗せられていて私が来るのを待っている状態だった。
姉2人弟1人そして私4人にタカコサンは心強かった・・・それぞれが役割分担をして葬式はお盆の前の日の12日とした。
私は喪主としてただ頭を下げていればいいだけだったが・・・
母は80過ぎるまでガールスカウトのリーダーをしていたので自分の立ち上げた甲府第4団の制服と共に荼毘に付されていった。
関係者の参列が多かったことを今も覚えている。








yodaさんの投稿 - 17:26:45 - - トラックバック()

2022-08-10

故郷の空・墓参

疲弊








1週間早く故郷の切石に墓参に
行ってきた。
ちょうど雷騒ぎのあった次の日であったが、予定通り甥のタカオに山荘まで来てもらって車で切石まで行ってもらった。
途中姉の所によって墓前に供える花を用意してもらった。
姉の所から切石行くには中部横断道を通っていくのだが、30分ぐらいで着いてしまった。
町は人っ子一人通っていない・・・人影というものが全くない。
私の子どもの頃はいろいろな店があった。駄菓子屋もお菓子屋も、魚屋、八百屋、雑貨屋、下駄屋、桶屋、自転車屋もあった。
万ず屋というタバコ屋があって雑貨も売っていた、同級生の家は酒屋で「延寿の泉」という酒を造っていた。

あれから70年、店はすべてなくなっていたのだ。
たばこやジュースの自販機すら置いていないのである。
切石には身延町の役場が置かれているが、町として発展していく兆しはない。
東隣の集落の西島は川沿いにバイパスを作りそこを拠点として発展しているようだ。
おなじく、同じ町内の西隣の飯富もそこそこ発展して町営の病院もある、
最近スーパーとシャトレーゼが出来たとか・・・
切石が行くたびに疲弊していくのは人口減もあるが道路を大型の車が通るので危険極まりない。
人々の時代の読み違いでバイパスを作ることに反対があったのだ・・・今は見る影もない。
あと10年もすれば年寄りばかりの町となりますます疲弊していくに違いない、

これは切石地区だけの問題ではない。
昔殷賑を極めた地方都市も同じような運命をたどっているようだ。
我が町甲府も中心部にあった100年にも及ぶ中心街のデパートが来年春には撤退するのだそうだ。







yodaさんの投稿 - 09:58:54 - - トラックバック()

2022-08-09

八ヶ岳南麓だより。顛末

でくの坊








昨日の11時頃保険会社から電話があり必要な手続きの指示があった。
どうやらそんなに面倒なことではないようで工事をしてくれるSさんに使えなくなった給湯器の写真をとってもらい新しい給湯器にかかった費用を添付してもらえばよいのだそうである。
そしてそれを保険会社に送る。

と、まぁ一件落着のように書いたが、実は私は何もしていないのだ。
まず、給湯器が使えないと分かった時・・・唯々おろおろするばかり。
タカコサンがすぐにSさんに電話をかけた。
Sさんは山荘で何かトラブルが起こった時に対処してくれる人なのだ。
近隣に住んでいて建築、建物の修繕、電気工事、水回りの諸々まで何でもやってくれる。
今までも何度もピンチを救ってもらっている。
Sさんは長坂町に来てからできた友人の娘婿さんで結婚式にも参加させてもらった。
しかし、彼とのパイプはタカコサンが握っていて今回も仕事の帰りに寄ってくれたのだ。
私は彼との連絡の方法・・・携帯の番号など知らないのだ。

落雷による被害について保険が降りるかもしれないと気が付いたのは私だが、保険会社への連絡のすべは知らずこれもタカコサン任せである。
命じられたのは保険証書を探すことだけだった。
タカコサンは日曜日、山荘から帰ってからすぐに私が探し出した証書をもとに夜にもかかわらず会社に連絡を取った。
そして昨日担当者から連絡がありほぼ保険で充当できることが分かったのだ。

私はもう対外的な事は何もできない「でくの坊」に成り下がってしまったようだ。
唯々、まじめに透析に通って一日でも長く生きればいいとのこと・・・




yodaさんの投稿 - 17:33:36 - - トラックバック()

2022-08-08

八ヶ岳南麓だより・落雷

保険申請








今回の落雷はすさまじいものだったようだ。
タカコサンがご近所に出かけて行って様子を聞いてきた。
天地が割れるのではないかと思われるような稲光と音だったそうだ。
そのお宅では電気洗濯機が動かなくなったそうだ。
北杜市全体かどうか分からないが、特にパソコンなどの電子機器の被害が多かったようだ。
今年は炎暑の影響か例年に比べて雷が多いそうだ。
これから毎年異常気象による落雷も多くなっていくかもしれない。

給湯器の故障を見に来てくれたSさんによると、雷は近隣に落ちると地面を伝わって広範囲にわたって被害をもたらすのだそうだ。
特に、電子機器のようなものは落雷には弱く破壊されてしまうとの事。
給湯器も機能が便利になっているものほど電子機器が組み込まれてまれているようだ。
特に追い炊き機能が壊れてしまい全体が使い物にならなくなると言っていた。
以前にも一度給湯器が壊れてしまったことを思い出したが・・・ふと落雷による被害の場合には火災保険が使えるのではないかと・・・
以前の時は手続きが面倒だったので申請しなかったが「先立つもの」を用意するのがかなり苦しいので面倒でも申請してみようと思った。
それには保険証書の確認が必要なので、昨日は八王子に帰ってきて証書を探し出した。
と、山荘の保険証には落雷による被害の補償がちゃんと記載してあった。

実は5年ほど前に台風が通過して庭の立ち木の枯れ枝が屋根に落ちてきてスレート瓦を破損したので保険保証の申請をしたところ全額認証された。
今回はどの程度の保証があるかはわからないがともかく申請をしてみる事にした。
保険制度はこういう時の備えであるから面倒がらずに保険会社に連絡を取った。
願わくば・・・全額保証されることをねがっているのだが・・・



yodaさんの投稿 - 09:46:17 - - トラックバック()
| 1 | 2 | 3 | ...| 1262 | 1263 | 1264 | Next»