| 1 | 2 | 3 | ...| 1254 | 1255 | 1256 | Next»

2022-07-06

甲州噺・甲州弁

オザラの分布







昨日は「おざら」について書いたが、私としては切石限定の方言だと思っていたのだが、甲州内で結構つかわれていることが分かった。
この麺のことを甲州では4つに分類しているようだ。
まずは我が故郷の切石周辺では「おざら」と言い、峡西と呼ばれる西の地域では「おだら」と言い、峡東と呼ばれる東の地区では「おめんるい」というそうだ。
その他の地域では特に口承はなく甲府などでは「ひやむぎ」という。
甲州は周囲を山に囲まれた閉鎖された社会のように思われがちであるがそこで話される言葉は多彩である。

ただ、甲州人が東京にでて江戸の言葉になじむのは半年もあればなれるようだが基本の所のイントネーションですぐにバレバレとなる。
また、甲州人はザ行とダ行の区別がつきにくい。
雑巾〈ゾウキン〉のことをドウキンと言ってしまう。
昔、バスに車掌が乘っていたころ「おつぎで降りる方ドウド」と言って興ざめしたものだ。
甲府に初めて象がやってきたとき「ドウ」と言っていた。
もう一つ面白いのは「出る」と「出来る」の区別がつかない。
例えば「月ができた」「だんごが出た」と反対に言ってしまう。

代表的な甲州弁として。「はんで めためた ごっちょで ごいす」という言葉があるが甲州人にとっては意味は分かるのだが標準語にはなかなか表しきれない。
「いつも、何度も何度も ご苦労さまで ございます」という意味になるのだが、なんとなく足りないようなものがある。

甲州弁を学ぶテキストとして「キャン・ユー・スピーク甲州弁」(五緒川津平太・樹上の家出版)という本がある。
これが実に面白く為になるのだ・・・・









yodaさんの投稿 - 09:55:08 - - トラックバック()

2022-07-05

甲州食い物ばなし・おざら

冷や麦







台風の上陸のニュースに身構えていたが、朝から梅雨時とは思えないようなさわやかな天気だった。
午前中はみなみ野と橋本に買い物に行ってきた。
みなみ野は定期でとっている雑誌と出版社が出している月刊のPR雑誌をもらいに行った。
橋本は夏用の下着と靴下を買ってきた・・・ちょうど手ごろなユニクロがある。
用事は11時半ごろ済んで・・・いつもならどこか手ごろな店によって昼食をとるのだが、今一つ食欲がわかないので、家に帰って食べることにした。

これから暑くなる時期に食べるのは「おざら」でわが故郷の切石での呼び方で、いわゆる「冷や麦」のことである。
子どものころは祖母の手打ちであったが、今は乾麺をゆでたものを食べる。
普通、冷や麦は素麺と同じように醤油仕立ての汁で食べるのだが、わが家の場合はみそ仕立ての汁で食べる。
甲州を代表する「ほうとう」もみそ仕立ての汁で煮込んで食べるのだが、実は甲州みそと言って普通の味噌よりも塩がきついものを使う。
我が切石では「ほうとう」のことは「のしいれ」と言っていた。
シンプルの命名で小麦粉を伸ばして切って汁に入れるからだろう・・・
冷や麦をなぜオザラというのかそれは謎である・・・甲府に引っ越してきて、「のしいれ」も「オザラ」も全く通用しなかった。
おそらく、甲州の河内地方だけの方言だったのだろう。

ところで、オザラの食べ方であるが、ちょっと濃いめの味噌汁を作る。
みそ汁の具は玉ねぎかナスである。
薬味としてネギ、大葉、ミョウガなどを好みで入れるが、ここで絶対に欠かしてならないのが「摺りごま」である。
ゴマの風味が味噌を引き立て、冷えた冷や麦によく絡み合う。
そして、これもお好みだが・・・「練りからし」ツンと来るぐらいの量だけ溶く。
暑さを忘れさせ、涼を呼ぶような美味しさである。

今日のお昼は100グラムをゆでてペロリと食べた。




yodaさんの投稿 - 16:39:29 - - トラックバック()

2022-07-04

八ヶ岳南麓便り 二度あることは三度

疫病神 福の神









二度あることは三度ある。
先先週から先週にかけて、M君夫妻と交誼を結んだ。
私とM君とは50年のブランクを埋めるようにしゃべり倒した。
奥さん同士は初対面にもかかわらず10年の知己のように親しく話し込んでいた。
昨日は無事に東京の家に帰ったようだが、土曜日の日にハプニングが起こった。
先々週M君が家の草刈りをしていて携帯電話を無くしたというハプニングについてはすでに書いた。

先週の土曜日には食事をしてさて帰ろうという時になって、車を止めてある市営の駐車場のチケットを紛失したという。
これがないと車を出すことが出来ない。
まずはポケット、持ち物などあらゆるところを探したがやはりなかった。
そこで管理会社に電話したが土曜日で通じない。
いろいろ手立てを考えるうち、出入り口に非常電話があることに気が付き、指示を受け無事に出庫することが出来た。

それから私たちを送ってくれて2時間ほど歓談し、ご夫妻は自分の山荘に向かった。
ところが…朝出てくるときにもって出たはずの鍵を持っていないことに気が付いたそうだ。
お互いが、相手が持っているだろうと思い込んでいたようだ・・・こんなことはわが家ではママあることだが・・・
結局彼らは自分の山荘に入れず、近くのペンションに宿をとったそうだ。
鍵忘れのことをM君は私には黙っていたかったようだが・・・奥様がタカコサンにラインしてしまった。

全く恥じ入ることではない・・・私たちも何度も同じような失敗を繰り返している。
「もしかしてヨダさんは僕らの厄病神かと思った」
いやいや私は人々に幸せをもたらす福の神です。
鍵を持ってこなかったおかげでめったに経験できない素敵なペンションに泊まれたというではないですか・・・
タカコサンが言うには「Mさんは鬼の先輩に会うので緊張が続いているのよ・・・」と。
これで、3回アクシデントがあったので次回はきっと良いことがあるに違いない、
















yodaさんの投稿 - 09:49:48 - - トラックバック()

2022-07-03

八ヶ岳南麓だより・物価高

N君の話







M夫妻が帰ったあとに我が山荘の工房を貸しているN君がやってきた。
彼は農業をやりながら次のステップとして料理も出せる居酒屋をやりたいのだそうだ。
調理学校を出てフランスに一年留学してそれなりの料理の腕と自信があるようだ。
そこでまずは料理を盛る手作りの器を作りたいということで・・・工房を貸したのだ。
しかし、いろいろと目算が狂って、今は陶芸どころではないようだ。
ともかく、ここにきての物価高に悩まされているという。
全ての原材料が高騰して店を出すための資金に支障がきている。
出来るだけ自分の力で店を建築するはずであったのが建材費用の値上がりが倍以上になった。
加えて、ガソリンが値上がりして車の維持費もばかにならない。
今はともかく農作物の耕作を一生懸命にやる。

若いので融通無碍に対応できるにしても現実は厳しいと嘆いていた。
陶芸はひとまず休んで寒くなったら始めると言っていたが・・・
年金生活者にもじわじわと値上がりの波がおしょせて来ているがこの夏あたりに大波が来そうである。
入ってくるものが毎年減らされているので、年老いたら死ねというのか・・・
参議院選も残すところあと1週間だが、大きな変革は期待できそうにもない。

さてはて、どうなる事やら・・・
yodaさんの投稿 - 19:43:25 - - トラックバック()

2022-07-02

八ヶ岳南麓だより・夏本番

涼気






予定通り10時31分のあずさで小淵沢に向かった。
今日は小淵沢駅の直ぐ近くにあるレストランで後輩のM
夫妻と会って会食。                  
味に段々慣れてくると当初の頃程の感動はなかったが、それなりに美味しかった。
其れから、山荘まで送ってもらってしばし歓談。
わたしとM君は昔話に花が咲いたが、奥さん同士でべつな話しをしていて、いっそう親密になったようだ。
早速8月の末には超歌舞伎を見にいく約束正式に成立したようだ。
奥さんはタカコサンよりも5歳ほど若いが行動的で、色々な趣味を持って居るようだ。
良い友達ができて、本当に良かったと思っている。

ところで東京は8日つづきの猛暑日だそうだが、標高1000メートルは夕方になったら寒いくらいで、長袖を羽織っている。今夜はじっくりと眠れそうである。
yodaさんの投稿 - 18:14:11 - - トラックバック()
| 1 | 2 | 3 | ...| 1254 | 1255 | 1256 | Next»