2021年 10月の過去ログ

2021-10-01

好奇高齢者の生活と異見・総裁選

三代目







コップの中の嵐と例えてよいのかどうか分からないが、大騒ぎしたJ党の総裁選も終わったようだ。
それにしてもメディアの取り上げ方はすごかった。
来たる総選挙を見据えて政党の一つに過ぎないJ党のために多くの時間と紙面を割いた。
スカ総理大臣の不人気を吹き飛ばすようなたくらみがあったのは想像に難くない。
確かにこの総裁選で選ばれた人が総理大臣になるわけでるから国民にとっては関心事の一つである事は確かだが・・・
だからこそ、来たる総選挙にはアベ・スカのやってきたことを忘れないで、この国をかじ取りを任せられる人を選びたい。

さて、その結果であるが予想通りというか・・・波乱もなく無難な人が選ばれた。
一時は河野さんの人気に押されそうになり、第一回の選挙では一票差だったが、J党支持の国民の人気よりも国会議員の人気が勝った。
彼らにしてみれば今度の総選挙でどれだけ自分に有利となるかだったのだろう。
河野さんは何を言い出し、しでかすか分からない未知の部分があったのだろう。
けれど、意外や意外、高市さんを推す議員が予想よりも多かった事。
アベ・アソウのお墨付きをもらっての立候補だったがJ党のコアな部分が指示に回ったに違いない・・・いわゆる保守派で平和憲法など改正したい人たちだ。
私としては高市さんだけにはなってほしくないと思っていたが・・・
ところでもう一人の女性候補の野田さん・・・この人だけはアベ政治のモリカケサクラをキチンの解明すると明言していた。
やはり派閥の論理には勝てず最下位に終わったがこの次に期待したい。

さて、戦い済んで日が暮れて・・党の役員人事が始まったがまずは選挙の論功賞。
そして、気配りや忖度でなんの新味もない・・・願わくばアソウ・アベの阿保ボンコンビは引退してもらいたいものだ。
それにしても役員の顔ぶれを見ると2代目や3代目の何と多いことか。
若手の起用の目玉とも言うべき福田さんは三代目・・・祖父・父と総理を勤め彼も次代を狙っているのだろうか。
河野さんも三代目だ・・・アベさんも三代めだったなぁ。
子どもの時からエリートとして育てられ庶民感覚とは無縁のところにいたはずだ。
今回、総裁に選ばれた岸田さんも三代目・・・出身は開成中学・高校だそうだが、東大は3回落ちて早稲田に行ったとか。
3年浪人は私と同じだが・・・やはり彼もエリートなのだろうなぁ。

政治家は世襲化してしまっているがもっと国民感情に沿える人になってもらいたいものだ。







yodaさんの投稿 - 10:57:42 - - トラックバック()