2021年 10月の過去ログ

2021-10-23

旅だより・生誕地

川端町







今回の旅の目的の一つは、できれば自分の生誕の地を見ておきたい・・・
しかし、両親からはどのような場所で生まれたのかはちゃんと聞いていなかった。
両親は今はいない、4歳上の姉も昨年旅だって逝った・・・2歳上の姉は健在だが彼女とて3歳までの記憶は定かでないはずだ。
確か母が「古町という所で生まれた」と、言ったような記憶があったのでともかくその近辺を歩いてみたいと思った。

Y君の車から降りて思しきあたりを歩いいてみたが、日曜日のお昼前、それにコロナ禍もあってか街は閑散としていた。
印象としては疲弊した地方都市のそれであった・・・シャッターが下りて歩いている人もほとんどいなかった。
我が故郷の甲府の街の旧繁華街と同じような雰囲気である・・・日本という国はいつの間にか地方都市がダメになってしまったようである。
おそらく郊外に行けば大型の商業施設がありそれなりの賑わいを見せているのだろうが、それとてもう20年もすれば車社会が別な形態となり零落していくかもしれない。
記憶をたどれば都市の中心部が衰えていき閉店が続いたのは小泉内閣の経済政策ではなかったろうか・・・竹中何とかという人がアメリカ型の経済政策を持ち込んで大型商業施設を許容して・・・中心部の商店街が共存できなくなった。
車の運転ができるうちは郊外型の商業施設は便利だが、この年になり免許も返納してしまうと日用雑貨のようなものがほとんど手に入らなくなった・・・

家に帰り着いてから、ふと、戸籍謄本を見れば生誕地が記載されているのではないか・・・
家を建て替えた時の書類の中に確かあったはずである。
と、確かに生誕の地が記載されていた。
新潟市川端町1丁目1番地とあった・・・パソコンで位置を確かめてみると、現在はその地は新潟市立白山小学校となっていた。
Y君に電話で聞いてみると古町の近くでその付近は通ったとの事だった。

故郷は遠きにありて思うもの、そして悲しく歌うも
よしや
うらぶれて異土の乞食となるとても帰るところにあるまじや

犀星は故郷に帰っても人々に受け入れてもらえない哀しみを歌ったのだそうだが知る人が一人もいない生誕の地を訪ねても同じ思いかもしれない・・・寂寥。







yodaさんの投稿 - 10:20:13 - - トラックバック()