2021年 11月の過去ログ

2021-11-02

武相歩き・立川

小籠包







毎月一度、タカコサンは立川にある某デパートの化粧品社員セールに友達と行く。
その帰りに9階にある某有名中華料理店に寄って名物の小籠包を食べて来る。
この店は台湾に本店があり、世界展開をしていてシアトルの郊外にもあって娘に連れて行ってもらったことがある。
実は台湾の店にもツアーで行ったことがあるがその味については余り記憶がない。
タカコサンは毎度行った報告をしてくれるのでいつか機会があったら連れて行って欲しいと頼んだ。
そして、前回社員セールに行った時に品物がなくて、今日それを取りに行くので同行することになった。

立川というと私にとっては何となく基地の街、うらぶれた街という印象しかなかった。
今から50年も前の記憶しか残っていないのだ。
大学が武蔵小金井だったので、映画などを見に行くのは立川だった。
まだ基地は返還されていなくてアメリカ人が闊歩していた。
何となくうらぶれた感じがして貧乏学生の私には似合った街だった。
また、大学を出て就職して初任が今のあきる野市で、これまたちょっと都会の雰囲気を味わうのには立川まで出た。
それから、結婚してずっと足が遠のいていたが、基地が返還されその跡地に昭和記念公園が出来て・・・遠足などで訪れたが街まではいかなかった。

その変化に驚くばかりであった・・・お洒落なビルが対並びモノレールが走り、近未来の街へと変貌していた。
我が街の八王子は見習って欲しいものだ。
さて、タカコサンの後をぬれ落ち葉のようにべったりとくっついて中華店にたどり着いた。
予約がしてあったのですぐに入店できたが店の外には10人ぐらい待っていた。
緊急事態解除もあってか、まったく以前と変わらぬ人流であった。
小籠包セット(エビそばが付いた)を頼んだが小籠包の食べ方を店員に教えてもらった。
小籠包は中に入っているスープが大事だそうだが・・・ちょびっとだった。
そばの方は優しい味だったが「えびすや」の濃厚スープで鍛えられているのでモノ足りない。
タカコサンはカニチャーハンのセットだったので半分分けてもらったが、こちらも上品な味つけであった。

このセットの味はタカコサン向けで、甲州の山家育ちにはモノ足りない。
二度目のお誘いはなくて結構です。



yodaさんの投稿 - 17:17:50 - - トラックバック()