2021年 11月の過去ログ

2021-11-05

かたくら通信・2年前

2019年10月・11月







今から2年前の今頃は自分の生活の変化が目まぐるしかった。
まずは透析である・・・10月の末から東海大から今の腎クリニックに変わって治療が始まった。
通院は楽になったけれど、これからずっと自分の命を託すと思うと不安であった。
けれど院長の方針として透析のない日は常人と同じような生活をするように言われた。
確かに一日おきの午後からの4時間と帰ってからの時間はヘロヘロとなるが翌日は普通の生活が出来るようになった。
感覚としては一日おきに日曜日が来ているようで2年たった今は結構出かけることも多くなった。
先日の新潟行きなどは当初考えられないことであった。
ともかく今は元気にしている・・・辛い日もあるが勤めて明るく前向きに。
頑張らない、あるが儘を受け入れることを心がけている。

もう一つ・・・2019年11月2日、訃報が入ってきた。
大阪に住む教え子のH君が1日の夜に亡くなったという。
3年ほど前から肝臓に悪いモノが見つかり治療に専念していたが急逝してしまった。
元はB型肝炎からで子どもの時の予防接種が原因ではないかと追跡していたところだ。
H君とは小学校4・5・6年と担任し卒業してからもずっと関係は続いていた。
家は父親が自動車の解体業をしていてその仕事を高校を卒業するまで手伝っていた。
そして、卒業してからは運転免許を取り、運送の仕事について、東京から名古屋、大阪にたどり着き、良き人とのめぐり逢いもあった。
50歳になった時にはトラックを10台も持つ運送業の社長となった。
社運も上向きとなったさてこれかという時の発病で、あらゆる手を尽くしたがかえらぬ人となった。

彼はいつも私のことを気にかけてくれて八王子方面で何か起こると必ず電話をくれた。
「先生大丈夫か・・・」が口癖だった。
彼との別れは今も辛い・・・そろそろ電話がかかってくるのではないかと思う時もある。
彼の葬儀は透析の日に当たっていたので、タカコサンに行ってもらった。
親族の席で見送ることが出来た・・・と言っていた。

11月2日、奥さんに電話をしてみた。
「先生、寂しいですよ」と一言。
私も寂しい・・・でも、そんなに遠くない日に彼とはあちらで会えると思う。


yodaさんの投稿 - 10:20:27 - - トラックバック()