2021年 11月の過去ログ

2021-11-08

八ヶ岳南麓だより・秋の深まり

記念写真







一昨日は甲府駅でTさんと右と左に別れた。
Tさんは東京に帰り、私は山荘に一泊する予定だった。
すでにタカコサンは先行していて夕食の支度をして待っていてくれる事になっている。
甲府から山荘までは電車で40分ほどで小淵沢、それからタクシーで10分ほどだ。
小淵沢に着いたのが6時頃で外はすでに真っ暗だった。外はちょっと肌寒かった。
山荘に着くと石油ストーブが炊いてあって上着のままだと汗ばむくらいだった。
夜は懐かしい友達のことを思いながらぐっすり眠ることが出来た。

朝、日差しが雨戸の隙間から部屋まで入り込んでいて目が覚めた。
時計を見ると8時を回る所だった。
身づくろいをして雨戸をあけると庭先の楓の紅葉が陽の光に照りかえり輝いている。
まだ紅葉には早いようだが毎年の愉しみの一つだ。
そして庭一面に落ち葉が敷き詰められたようになっていた・・・テラスのすぐ前にあるエノキとケヤキの大樹で葉はあらかた散っている。
庭に降りて葉の重なりのフカフカを楽しんだ。
空は青く晴れ上がっていたが薄い雲が西から東へと棚引いている。
周りの山山の稜線は雲がかかっていて見えなかった。

この時期どうしてしておかなければならない仕事・・・竹伐りに挑戦した。
雪が降ると笹に積もってそれが電線にしなだれかかる。
去年から今年にかけて生えてきた竹がすでに直系5センチ以上になっていてのこぎりと鉈で挑戦したが、竹を伐るよりも息が切れた。
それでも何でも頑張って6本切り倒した。
来年からはタケノコの内に・・・一石二鳥ではないか。
午後からはまったりと過ごした・・・タカコサンは伊勢路の大学駅伝を見ていた。
私は、自室で本を読んでいた。

帰りタクシーで小淵沢に出たが途中、紅葉が見事なトンネルのような所に差しかかった時。タクシーを止めてもらって嫌がる私を引っ張り出して記念撮影をした。
二人並んで撮る写真など何十年ぶりではないだろうか・・・
タカコサンは昨日、山荘に行くときにこの場所と決めていたようである。

まぁたまには二人の記念を記録に残しておくのも悪くないかもしれない。
そうだ・・・私が80歳、タカコサンが77歳のこの年を記念してスタジオに遺影写真を撮りに行くことを思い出した・・・・








yodaさんの投稿 - 09:58:53 - - トラックバック()