2021年 9月の過去ログ

2021-09-07

かたくら通信・定期預金

年率0,01パーセント






このところ何度もシステム障害を起こしている銀行から1年満期の定期預金が9月半ばで満期になるというお知らせが来た。
ほったらかしにしておくと自動的に来年の9月半ばまでまた定期預金となっておろせなくなる。
もし、お金が必要になって中途解約にすると手続きが面倒で1時間以上待たされる。
そこで、この際だから満期で卸す形にして普通預金に入れることにした。
この手続きについてはATMでできるのではないかというので、タカコサンに付き添ってもらって八王子支店に行ってきた。
一応、係のお姉さんに手伝ってもらって手続きは完了・・・もちろんタカコサンがやってくれたのだが、モノの5分ぐらいで終わった。

さて、その定期預金なるものだが大した額が入っていたわけではない。
軽自動車の中古が買えるぐらいの額であった。
その金額を一年間預けて利子は・・・110円だった。
満期のお知らせの郵便代で半分以上使うことになり、電車に乗って夫婦二人で八王子まで行く運賃だけで大赤字。
今、預貯金に対する利子はないに等しいのだなぁ…送られてきた通信によると、定期預金の金利は0,01パーセントだそうだ。
今から30年ほど前のこと・・・郵便局の定額預金の金利が8パーセントなどという時代があった。
ちょうどその頃、叔母が亡くなって彼女が積んでいた預金がいくつか満期となっていた。
叔母は切石の郵便局に勤めていたのでボーナスのようなものはせっせと預金していたのだ。
それらがみな、倍以上の金額になっていて驚いた。
夢の又夢のような時代があったのだ。
その頃、退職金を預金しておけばその利子で生活できるなどと言っていた人もいた。

もう、余生は何年も残されているわけではないので生活できるだけのお金があればいいと思っているが、0,01パーセントはひどいではなかろうか・・・
アべ政権の頃から低金利の政策は変わっていないようだ。
日銀の総裁も未だそのままではないか・・・
J党はオリンピックが終わって今度は総裁選で盛り上げようとしている。
アホな副総理はコロナは収束に向かっているなどとほざいていたが総裁選で国民の心配をそらしているだけではないか・・・
見渡したところあまり変わり映えしない候補者ばかりのようだが、郵便代にもならないような金利ぐらいは上げて欲しいものだ。




yodaさんの投稿 - 18:00:12 - - トラックバック()