2022年 1月の過去ログ

2022-01-15

好奇高齢者の生活と意見・オミクロン

水際







半年ぶりに多摩市に住むY夫妻が訪れてきた。
新年のご挨拶にとお茶をもっての訪問だった。
Y夫妻の夫君は職を辞してから5年経つが今も嘱託員として働いている。
妻君の方は現役の音楽教師で、今年の3月に一応退職という形だが、何らかの形で教職を続けるそうである。
ご夫婦はタカコサンの元同僚で私たち夫婦が月下氷人を務めさせてもらった。
以来、親類同様の付き合いをさせてもらっているが昨年今年と訪問があっても玄関先だけであった。
今回は特に3分ぐらいで帰っていった。
じつはコロナも落ち着いてきたので、妻君の大好きなお汁粉を作る予定であったが、オミクロンの伝播力がすごい。
結局、それもかなわずアンコだけを渡して自分で作るように言った。

どうやら、学校が大変なことになりそうな兆しがあるそうだ。
オミクロンの伝染力は今までと違って子供にも伝播しそうなのだ。
妻君の学校では一人教師が濃厚接触者となり14日間休みだそうだ。
今の学校体制では他からの補充はきかず、学校内のやりくりで教師たちも疲労の色が見えているようだ。
玄関先でのさよならは私たち夫婦を慮ってのことだが、それだけ事態はひっ迫しているのかもしれない。

頼みの綱の前倒しのワクチンの知らせもいまだ届かず私のように老齢で透析などという厄介な身には正直不安である。
今の総理は「水際でオミクロンは食い止める」などと言っていたが、どうやらそんなに甘いものではなかったようだ。
我が国の水際には日本であって日本でない水際があったのだ。
沖縄、山口、広島など「基地」という他国が存在してそこからダダ洩れではないか。
思えば戦後75年も経ち、独立国家であるはずなのに、アメリカ軍の基地が存在する。
北に厄介な国が存在し、お隣には中国、ロシアなどの共産主義というよりも独裁国家が存在し、我が国は今は「基地」によって守られている???
けれどトランプのような人がでると果たして同盟国として守ってくれるのだろうか・・・

オミクロンの脅威にさらされながら、この国のありようを考えている今日この頃である。




yodaさんの投稿 - 18:40:53 - - トラックバック()