2022年 6月の過去ログ

2022-06-30

忘れえぬ人びと・瑞牆の会・ファイナル

ハイスクール・YMCAワーク・キャンプ








山梨県と長野県の北の境に瑞牆山という名峰がある。
この山の山麓に「天使園」という養護施設があった。
戦後まもなく開園した施設で主に戦災孤児が生活の場としていた。
それから昭和40年代の後半まで施設は続いたが、その役目を果たしたのか、閉園して東京の青梅に移ってしまった。
ちょうど、天使園が戦災孤児から養護を必要とする子供たちを預かる過渡期の時に私はこの園に関わったのだ。

山梨県県下の高校生の活動でハイスクール・YMCA(通称ハイ・Y)というグループがあり私もこれに入っていた。
キリスト教青年会の下部組織のようなものだったが、このハイ・Yが毎年夏休みに天使園でワーク・キャンプを実施して県下の高校生が1週間泊まり込みで奉仕活動をした。
昭和20年代から25年間ぐらいに渡って行なった活動は我が人生の中でも特筆すべきことだった。
そして、時代の流れとともにハイ・Yそのものがなくなってしまった。
しかし、その時代を共にした人たちの絆は強く、ハイ・Yは無くなっても毎年のように8月の初めに瑞牆山麓に集った。
しかし、その会員の最年少が70代前半で私のように80代になってしまった人たちもチラホラとなった。
また総帥ともいうべき先輩がなくなってこれ以上会を続けることが難しくなった。
そこで、今年を最後に会を閉じることになったのだ。
そのご案内が昨日届いた・・・私は時間的に瑞牆山で開かれる会には参加できないが2次会が甲府で開かれるそうなのでそちらに参加しようと思っている。

そのご案内と一緒に「物故者」の名簿が入っていた。
懐かしい人たちがたくさん並んでいた・・・そして若かったころの顔が思い出された。
若くして亡くなった人もいたが、押しなべて70代でなくなっている人が多かった。
先輩はもちろんであるが後輩でも親しかった人の名前が並んでいてなんともやるせない想いになった。

私もソロソロお呼びがかかる年齢となってしまった・・・でも、今できること、今会える人たちに会っておこうかと思っている。






yodaさんの投稿 - 15:46:00 - - トラックバック()