2022年 7月の過去ログ

2022-07-11

好奇高齢者の生活と異見・結果

予想どおり







昨日の参院選の結果が続々と報じられているが、大方予想通りである。
自民と公明の与党が大勝して追従するように維新と国民がくっつく。
立憲は票を落として、共産はほぼ足踏み状態。
いよいよ体制が戦前大政翼賛会化していくように思えてならない。
特にビックリするのは労働組合であるが右傾化して共産党を排除して立憲も明確には支持していない。
自民寄りとなって労働組合の委員長が自民の麻生などと蜜月関係にあるというではないか。

これでは間違いなく憲法改正が発議され国民に問うようになるだろう。
その国民たるや半数以上が憲法改正に賛成している。
憲法が改正されれば間違いなく戦争が出来る国となり、ゆくゆくは核兵器を保持する国となるだろう。
間違いなく自分で自分の首を絞めるような結果になるに違いない。

ロシアのウクライナ侵攻、中国の脅威などを考えると、自分の国は自分で守るという機運が高まっていることは否めない。
けれど、我が日本は77年間も非戦の国であったのは平和憲法があったればこそである。

今回選出された議員の中には知名度だけでなんの見識もないような人も見受けられる。
賑やかしで党の大勢に票を投じていく要員なのだろう。
この議員たちは6年間も任期があるわけで・・・この6年間が平穏無事に過ぎるように祈るばかりである。
















yodaさんの投稿 - 10:13:22 - - トラックバック()