2022年 7月の過去ログ

2022-07-12

季節だより風だより・梅雨の戻り

透析の休み日








朝のうちはお日様が出ていたが、お昼ごろからパラパラと降り始めた。
このところずっと晴れ続きだったので一雨欲しいところであった。
予報ではこれから日曜日あたりまではっきりしない天気が続くそうだが、庭の樹々たちが心なしか蘇っているようだ。
それにしても今日は東京ではお盆の入りである。
ともかく季節が巡ってくるのが早いような気がしてならない。
一日おきに決まりきった行動をしているのでなおさらそれを感じるのかもしれない。
現職の頃は今の時期が一番忙しく時間に追われていたものだが夏休みを迎える高揚感のようなものがあった・・・何となくあの頃が懐かしい。

今年は7月の初めが暑く、梅雨もあっという間に終わってしまった感があったので、季節の廻りがくるってしまったのではないかと思った。
ここにきて梅雨の戻りはありがたいように思う。
けれど、蒸し暑いのは勘弁願いたいのだが・・・
願わくばざっと一降りまとまった雨が欲しいものである。

今日は一雨来る前に北野まで出かけて行って銀行でお金を下ろしてきた。
ほとんど無駄な買い物はしていないのだが、出ていくものは出て行ってしまっている。
今は年金しか収入がないので、心して使っているのだがなかなか思うようには行かないものだ。
この3年ほど着るものなどはほとんど買っていない・・・食べるものも慎ましい。
透析の日は家に帰ってからはご飯と納豆で済ましている。
このところ何を食べたいという意欲もなく、納豆だけで十分なのだ。
浪費と言えば・・・本かもしれない。
80歳も過ぎると愉しみがほとんどなくなってしまっているので、唯一読書だけを最後の砦にしている。
出かければほぼ何か本を買ってくる・・・と言っても文庫本だが。
このところボケが始まったのか一度買った本をまた買ってきたりしている。
と・・・すでに読んだ本もその筋は忘れてしまっているので再度読めばいいとこの頃気が付き始めた。

お昼頃パラパラと降り始めた雨が上がってしまい。お日様が顔をのぞかせている。
二階にある自室の窓から梅雨時とは思えないようなひんやりとした風が吹き込んでくる。
これから相撲でもみながらウトウトするか・・・




yodaさんの投稿 - 15:36:44 - - トラックバック()