2022年 7月の過去ログ

2022-07-22

健康生活・コロナ蔓延

with・コロナ








96歳になる大先輩から電話がかかってきた。
大先輩というよりも、八ヶ岳の山荘を設計し、八王子の家も設計してくれた番匠設計のK先生である。
ぜひ会いたいとのことであった。
私も常々お会いしたいと思っていたのだが、透析をするようになってから一度もお会いしていないのだ。
先生は戦中戦後の事を聞くことのできる大先輩なのだ。
96歳とは言えまだ矍鑠としていてチョット耳が遠い事を除けばお話もしっかりとしている。
そこで透析のない28日の午後拙宅に来てくれることになった。
ところが30分ほどしてまた電話がかかってきて、今の時期会うのはまずいのではないかと息子さんに言われたそうだ・・・お互いに高齢、特に私は透析をしていることを慮っての忠言だったようだ。
そこでもう少しコロナが落ち着いてから・・・となった。

それにしても第7波はすごい勢いの蔓延である、ニュースでは透析患者の罹病について取り上げていたが・・・どうやらなすすべがないようだ。
イギリスではウイズ・コロナの政策をとり自己の判断で検査を受けたり、自宅療養をしたり…インフルエンザ並みの扱いとなっているようだ。
日本は行動規制の枠は外したがさてこれから患者数が増えてなすすべもなくなるのだろうか・・・
透析を受ける身なのでもしもの時の覚悟はできている。
連休時の人の移動を見ると倍々で患者数が増えていくのが判るような気がする。やはり経済優先だろうな・・・

それにしてもクリニックでは今まで通り、マスクの着用、手洗いの励行を義務づけている。
患者同士のおしゃべりなど全くないのでそれは心配ない。
ただ奥まったビルの一室なので換気が悪いのがkになるところである。
我がクリニックには入院施設がないので大病院にまわされるのだろうがそれも覚悟してる。
ここまで来ると運・不運で決まってしまうのかもしれない!!!


yodaさんの投稿 - 09:38:45 - - トラックバック()