2022年 9月の過去ログ

2022-09-20

想いでの味・ドロップ

イチゴ味








昨日は大型台風に振り回されてオタオタしてしまったが、ちょうど透析に出かける時間帯で雨も風もおさまり無事にクリニックに行くことが出来た。
今日は休みの日であるが、みなみ野のノジマ(電気の量販店)に頼んでおいた血圧計の部品を取りに行った。
帰りに透析のクリニックのデーターをもってかかりつけの医院に寄った。
糖尿病の管理で、インシュリンの注射の量を明日から少し多くしてみようと言われた。
出がけにタカコサンに「買い物も医者も自分でできるのだから偉い」と褒められてしまった。

それはさておき、ノジマデンキに併設されている100均によってクリニックで使う止血バンドを買った。
止血バンドと言ってもいろいろな場面で使える便利グッズで3本100円である。
ところが同じようなものを東海大の売店で買うと2本で700円する。
100均で買ったものの方が見栄えもよいし、使い勝手もよい。
このからくりはどうなっているのだろうか・・・

丁度レジでバンドの料金を払おうとしたときレジ脇に四角のブリキの缶がおいてあった。
懐かしい形で上部に丸い蓋が付いているではないか。
子どもの時の記憶にあるドロップの缶である。
「これも売っているのですか」とレジの人に聞くと「108円」ですと言われた。
即購した・・・振ってみるとガラガラと懐かしい音がする。
「サクマドロップ」である。
子どもの時の記憶では「サクマ式ドロップ」と言っていたような気がするのだが・・・
まずは缶の隅についている蓋を開けて取り出したいところだが指の力では開けられれない。
このドロップの特徴としては1個ずつしか取り出せないことである。
また、ドロップにはいろいろな味があって、いちご、パイン、オレンジ、レモン、りんご、メロン、スモモとあり極めつけはハッカ味である。
好みの味を引き出そうとしても一個しか出ないようになっている。
振り出した時の運みたいなものがあって、それが懐かしい。

子どもの時の大外れはハッカ味でいわゆるハッカの味とは異なってサクマ式の独特の味。
これが出た時にはがっかりしてしまう。
ドロップとは「落ちる」とか滴の意味があるが、おそらくこの飴を考案した人は缶から振り出して落ちるのをイメージしたのかもしれない。
サクマドロップで検索したところ、この会社は飴のほかにdドロップ香のお線香も作っているらしい。
好きな味の線香を付けてもらう・・・私は断然イチゴあじがいいなぁ・・・。



yodaさんの投稿 - 16:48:44 - - トラックバック()