2022年 9月の過去ログ

2022-09-04

八ヶ岳南麓だより・うむどん

水沢うどん








予定通りいつもの列車で小淵沢に着きお昼は八王子で買ったお弁当で済ませた。
いきなり資料を読み始めるのもきついものがあるので、まずは甲斐大泉に山荘を持っているM君と連絡を取りあうことにした。
彼は私より3歳下(79歳)だが、まだ運転しているのでこの一年ほど行っていない知り合いの「うどん屋」にご一緒した。
彼はこのうどん屋のことは知っていたがまだ食べたことがないという・・・
そこで夕食も兼ねての初体験をしてもらった。

このうどん屋は国道424号沿いにあり古びた建物でうどん屋の雰囲気はない。
しかし、群馬の水沢うどんの直系で味は確かである。
このうどん屋の正体は、ご主人が隣接の由緒ある神社の神主で、店は奥さんが主に仕切っている。
当節、神社の神主で生計を立てるなど無理な話で、うどん屋の方が生業となっている。
私との付き合いは30年に及ぼうかというところで・・・ほぼ親類づきあいである。
このうどん屋は「うどん」ではなく「うむどん」と名乗っている。
うどんは独特の製法で普通のうどんは強力粉を使うのだがこの家のうどんはケーキなどを作る粉、薄力粉だそうだ。
そのためにうどんとしてまとめるのが難しく、三日寝かせるのだそうだ。
専門的なことは分からないが、ともかく普通のうどんと違ってのどごしがよくおいしい。
また、つけ汁をつけて食べるのだが、その汁が独特でゴマとクルミをすり合わせて出来ている。
うどんの講釈を聞きながら、食べたが、M君は気に入ってくれたようだ。
付け合わせに自家栽培の野菜の煮物が付いたが、昔食べた記憶のある煮物の味がした。









yodaさんの投稿 - 19:43:39 - - トラックバック()