"桑都だより・事故"

11 / 01

桑都だより・事故

潮時







作品展の初日(25日)の4時半頃のことだった。
お客さんが帰って、後始末をして、外に出ると台風の影響なのか雨足が強くなっていて、視界も悪く、薄暗くなっている。
幸い車に乗ってきたのでギャラリーの前に止めておいて、ほとんど濡れることなく運転席に座ることが出来た。
そして車を発進させて、道路に出るために左にハンドルを切ろうとすると、右前方に大きなジープが駐車していた。
咄嗟の判断で車を左に寄せると、異様な音がした。
どうやら、左側にあったガードレールに気が付かなかったようだ。
直ぐに車をバックに入れてハンドルを切りなおして再度前進したが、時すでに遅し。
雨はさらに激しくなってきたのでそのまま車を走らせてしまった。
ガードレールと言っても、途中でちょん切れていて、その先端でこすってしまったのだ。
家に帰り着いて駐車場に入れてみてみると、左のドアにえぐったような傷が二本付いていた。
このままにしておくとさびも浮いてくるし、痛々しい。
このところ左前方の注意が行き届かないようだ。
実は夏の終わりにも山荘の近くのホームセンターでよろけてきたご老人が左の前のタイヤ付近に当たってきた。
駐車場所を探すために前の車について、ノロノロと走っていたので大事にはいたらなった。
前からタカコサンにはそろそろ免許を返納するようにと言われていた。
やはり2件事故が続くと考えてしまう。

とりあえず、27日(日)の午前中にディーラーに車をもって行った。
係りが事故の様子を写真に撮り、大まかな修理代を算定した。
前のドアは取替えで、ぶつかった衝撃で中の柱もゆがんでいるので、それらを合わせて、20万円以上はかかるとのことだった。
そこで、自損の保険に入っているのでそれが使えれば修繕費は無料となるとのこと。
そこで言うがままに車を預けてきた。
修繕には10日ぐらいはかかるかも知れないと言われたが、このところ山の家に行く以外にはほとんど車を使わないので不自由はない。

昨夜、7時頃ディーラーより電話があって車が直って来たのでとりにきてほしいと・・・・
10時開店なので朝一番で車を取りに行って来た。
結局修繕費はちょうど20万円ほどかかって負担は0円だった。
それでも何でも、そろそろ年貢のおさめどきなのだろうなぁ・・・・
一応、予定としては75歳になる前に次の免許更新があるのでそこで免許を返納しようと思っている。

あとちょうど2年である・・・これが潮時だろう。


yodaさんの投稿 - 17:58:13 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック