"モノ語り・サスペンダー"

09 / 25

モノ語り・サスペンダー

出バラ






我が体型は下腹が出ている。なるべく鏡を見ないようにしているけれど、見ると何とかせねばと思いそれなりのダイエットを試みる。
けれど、体重は減っても下腹にたまった脂肪は一向に減る気配はない。
モノの本によると、この年で体重が減るのは筋肉や骨の量が減っているのだそうだ。
下腹が出ていることによる不都合はいろいろあるけれど、一番困るのはバンドで止めていてもズボンがずり下がってしまうことだ。
そのズボンも(今はパンツと言うらしいが)ユニクロや大好きなエルエルビーンなどは店頭に出ているサイズでは合わないのだ。
サイズ的に言うと、LLでは小さく3Lでは少し大きすぎるという微妙なところである。
そこで、今まであるもので、出腹のちょうど下あたりでフックが止められるようのものを選んで履いているが、それがいつも下がってしまう。
腰骨のあたりで下がるのを食い止めているが歩いているうちに腰骨を乗り越えて下降してくるので時々立ち止まってバンドを緩めて元の位置に戻す。
けれど、生協などに買い物に行った帰り両手がふさがってしまうと往生してしまう。
ひと昔前に若者がジーンズなどをずり下げて中の下着が見えるファッションが流行ったがそのレベルよりも下まで来てしまうことがある。
困り果てて、何とかずり下がり防止策はないかと考えたところ、ズボン吊があることを思い出した。時々、おデブのタレントが身に着けているあれだ。
正式な名前はサスペンダーと言うのだそうだ。
我が家にはずっと昔、仲人を頼まれてモーニングを作った時、付いてきたズボン吊があることを思い出した。
そこで取り出してつけてみるとなかなか具合が良い。
けれど、式服についてきているモノなので何とも地味で、普段はいているジーンズやチノパンには取り合わせとして合わない。
そこで、もうちょっとおしゃれなものが欲しいと思ったがどこで売っているのやら。
まず、橋本にあるユニクロに行って聞いたが無いとの事で、隣接している無印には子ども用ならあるとの事だった。
町田まで行ってデパートに行けばあるやもしれぬ…でもわざわざ行くのも億劫だ。
すると、タカコサンがネットで調べればあるかもしれないと言った。
そして検索するとアルワアルワ、そして注文すると明日には届くというではないか。
カード決済で送料も無料で手に入るという。
今や物品購入はデパートではないのだなぁ・・・なんでも欲しいモノが、モノよってはその日のうちに届くのだそうだ。
これを覚えてしまうと嵌る危険性がある・・・テレビショッピングなどと同じなのだ。
そして、タカコサンが注文をしてくれたのだが・・・以来ヤフーの画面上にサスペンダーの広告が載るようになった。

どうやら欲しいという個人情報が登録されてしまったようである。

yodaさんの投稿 - 19:34:41 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック