"季節だより風だより・入梅"

06 / 15

季節だより風だより・入梅

梅シロップ





先週、梅雨入り宣言があったけれど、雨らしい雨はほとんど降らない。
空梅雨なのかと・・・きっとまた梅雨入りの修正があるやもしれぬ。
それでも、梅雨時には熟す庭先の梅の実がポトポトと落ち始めて今年も採り時となった。
けれど、今年は不作のようで、花が終わり小さな実をつけるころから落ちてしまい収穫はあまり期待でき無いようだった。
今日は一気に採ってしまおうと樹の下に立ってみたが予想通り結実は悪いようだった。
このところ、目の霞がひどくなっているので実なのか葉なのか区別がつかないこともあるが、手の届くような所にはほとんどなっていなかった。
脚立が必要・・・けれど以前のように登って取るのには足元もおぼつかないし、危険もともないそうなので、まずはビール瓶を入れる箱を据えてそこから手の届く範囲の物を採り,あとは箒の柄で叩き落とすことにした。
樹の下は苔でおおわれているので落ちた実はあまり傷つかないことが分かった。

目を凝らして奮闘して、頑張った結果は50個ほどだったが、予想よりも多く梅酒ならばひと瓶ほどはつけられそうだった。
実はアルコールはほとんど駄目なのだが、以前漬けて置いたものが何瓶かある。
そこで今年は梅ジュースのようなものを作ってみたいと思う。
そこで、インターネットで「梅シロップの作り方」を検索してなるべく簡単にできる方法をやってみる事にした。
ジブロックを使って作る方法・・・まずは梅を24時間冷凍して組織を壊してジュースが出やすくするのだそうだ。
それから、梅と氷砂糖を同量用意して、発酵したりカビが生えないようにするために、梅1キロに対して50CCの酢を用意・・・これらをジブロックに入れる。
そして冷暗所において毎日揉んでやると10日ぐらいで美味しいシロップの出来上がり。
瓶を使って作る方法・・・まずは梅を2時間ほど水に付けてあく抜きをする・・・そして良く拭いてから24時間冷凍する。
梅と砂糖は同量にして瓶の場合はホワイトリカーを梅1キロに対して200CCを用意。
出来れば瓶を熱湯消毒すれば良いのだが、リカーは消毒のためのようだ。
冷凍した梅と氷砂糖を交互に瓶に入れて交互に詰めていく最後にリカーを注ぎいれる。
こちらも冷暗所のおいて、1日1回ぐらい振ってやれば10日ぐらいで出来上がるというのだが・・・
今回は梅を計ったら、1.5キロほどあったので1キロを瓶で、500グラムをジブロップで仕込んでみようと思う。
さてはて、どうなることやら・・・経験的にいうと氷砂糖が溶けきれないのではないか。
でも、梅シロップでこの夏を乗り切ろうと思うのだがなぁ・・・



yodaさんの投稿 - 17:03:42 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック