"八ヶ岳南麓だより・台風一過"

08 / 09

八ヶ岳南麓だより・台風一過

血液型






台風とともにFさんは去っていった。
今朝、結んだばかりのラインで昨夜遅くに岡山に帰り着いたと知らせが入っていた。
実は私も昨日は八王子に帰るつもりでいたのだが、台風一過の八王子は暑いことが予想できたし、助手席に乗って2時間かけてかえるのもつらいものがある。
運転免許を返納したとは言え、運転技術はまだ身体に染み付いているので、運転者の隣に座っていると無意識に反応してしまうのだ。
Fさんの運転は私とは違ってかなり大胆なので余計な気を使ってしまうのだ。
タカコサンはどうしても今日は用事があるというので、同乗して帰っていった。
私の体調はまだ本復に至らず、気力体力ともに今ひとつなので、少なくも八王子に居るよりもすごしやすいので、多少の不便はあるけれどまた独身生活となった。

ところで2日間Fさんとともに過ごしていろいろなことが分かった。
今回、私とは間逆の性格と書いたけれど、その意を強くした。
一言で言えば彼女はポジティブで私はネガティブ・・・もちろん全てにというわけではないが・・・彼女は多少橋が壊れていてもわたってしまうが私は石橋であってもたたいて慎重にわたっていく。
ひところ血液型による気質のようなものが言われた事があったが、彼女は典型的なB型で独立独歩、わが道を行く。
私は周囲に気を使いながら協調していくタイプである(エーという声が聞こえそうだが)
今回のことで言うと、私はまず今日晴れていても台風が来るという予報があれば絶対に予定はキャンセルしてしまう。
彼女は・・・台風が来てもわが行く道には来る事はない・・・ゆるぎない自信で大丈夫。
結果は多少の混乱はあっても大丈夫であった。
いよいよ帰る段になったとき、雨が上がったので30分だけ周囲を散歩して来たいと言い出した。レンタカーを返すまでの時間的な余裕は一時間ぐらいしかないのだが大丈夫というのだ。
O型である我が連れ合いのタカコサンは好きにさせてあげなさいといった。
私としては来たときにも大丈夫と言いつつも大渋滞に巻き込まれたし、台風の後の道路状況も予測できないと思ったが女性二人の意見に折れた。
結果ぎりぎりで4時の返却に間に合ったといっていた。
又、4時に車を返してから東京駅で友達と会い、最終の新幹線に乗る予定だというのだ。
もちろん座席指定などはとっていない・・・時間に縛られるのがいやなのだそうだ。
そして結果、ちゃんと岡山まで帰り着いている。

先を考えすぎてなかなか飛び込んだり、飛び出したり出来ない自分の生き方を変えるわけには行かないが、彼女のようにポジテイブになることも必要かなと思った2日間だった。





yodaさんの投稿 - 14:56:38 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック