"健康実践ノート・集音器"

10 / 08

健康実践ノート・集音器

中耳炎





実は、この1週間ほど左の耳の奥が痛み始めていて、聞こえも悪くなっている。
それに何となく外耳のあたりに膿のようなものが出ている気配がある。
このところ、眼の手術が決まり、歯のクリーニングも済み・・・こうなるとやはり耳に来るわけなのか。
老いるということは連鎖のようにいろいろと起こってくるのだなぁ・・・
出来れば耳鼻科には行きたくないのだ・・・子どもの頃からロクな思い出がない。
それに、行けば鼻もいじられて、左の鼻の奥の方が湾曲していて、必ずナントカナントカ湾曲症と言われる。
どうやら、耳も鼻もこの湾曲のおかげで悪くなっているのかもしれない。
もしかすると性格のねじれのようなものもこれに所以しているのか・・・
けれど、時々襲ってくる痛みには耐えられし、日・月と連休となるので、昨日は思い切って北野駅前のビルにある耳鼻科に出かけて行った。
このクリニックには5年ほど前に一度かかったことがあるので、カルテも残っているかもしれないのだ。
逡巡していると、タカコサンにどやされて11時のはちバスで出かけて行った。
クリニックに着くと土曜日なのに待合室には2人しか居なかった。
待つほどもなくすぐに呼ばれて診察してもらうと、「前回よりもずっと症状は軽いと」と言われてホッとした・・・案ずるより何とやらである。
飲み薬と点耳薬、点鼻薬を処方してもらって症状が治まれば来なくても良いと言われた。
すると、痛みは嘘のように消えて帰りは気分も軽やかでまたもやルンルン。

夜の7時頃、先夜通販に注文した補聴器(集音器)が届いた。
すぐに使えるわけではなく、12時間充電しなければならにとの事だった。
充電器をセットして開始・・・そして今朝早速に試聴してみた。
これが結構良く聞こえるのだ・・・テレビの音のレベルと言うと普段は30〜40ぐらいまでのボリュウムだったが、20ぐらいで十分に聞き取れるのだ。
思っていたよりも優れモノであある事は分かったが・・・タカコサンがしゃべる声が大きく聞こえる。
それにこたえる自分の声が大きく響いて聞こえる事に気が付いた。
集音器は年金生活者が買えるぐらいの値段の品物なのですべて満足ゆくようにはいかに事は承知である。
少なくもテレビの音量だけで小さくて済めば周りに迷惑をかけることもないので良しとしておこう。
それに、耳に装着しておくといかにも老人らしくなり優先席も譲ってもらえるかもしれないぞ・・・






yodaさんの投稿 - 19:39:25 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック