"季節だより風だより・季節外れ"

10 / 20

季節だより風だより・季節外れ

冬のサイン






この数日の寒さに体がついて行けなくなっている。
先ずサインとして出てきたのは足の攣りである・・・それもところ選ばずで、脹脛は勿論だが指が攣ったり、太ももに来たり。それが半端ない痛さなのだ。
昨年までは予兆があると漢方薬の芍薬甘草湯を飲んでいたのだが、結構強い薬なので腎臓への負担を考えて今年はやめている。
ちなみにこの薬は筋肉を弛緩させる作用があって、腎臓結石の痛みの時などに服用した。
ともかく、このまま症状を放置していくわけにもいかないのでネットで調べたところ、サプリメントでマグネシュウムとカルシュウムを摂ると良いと言うので買ってみたがいまだその効果については定かではない。

続いて、4日前から急に血圧が上がり始めた事である。
これまで順調で上が120台、下が70台をキープしていた。
時には上が下がりすぎて100を切ることもあったのだが、いきなり150台となり下も80台になってしまった。
特に気分が悪いわけではないが(むしろ100を切った時の方が気持ちが悪い)私の場合は腎臓の関係から120台をキープするように言われているのだ。
おそらく、身体が季節の変化に驚いてついて行けなくなっているのかもしれないが、ここで月曜日あたりには台風が来るやもしれず・・・それに対する反応もあるかもしれない。
もしかすると、この血圧は寒さよりも季節外れの台風の気圧の関係かも知れないのだ。
この1週間ほどは慌てず騒がずに様子を見て身体をならしていくしかあるまい。

もう一つ、寒さと言うよりもこの季節の変動によってせっかく吊るした干し柿にカビが来てしまった。
干し柿は大好物なので毎年何個かは自家製のモノを吊るすのだ。
今年はタカコサンが2週間ほど前にお茶の先生の家の渋柿をもらってきたので皮を剥いて軒先に吊るしておいた。
ちょうど晴天が何日か続いたので干しておいたところいい具合に干し上がってきていた。
あと1週間ほどで程よい色付きと甘さになるはずだったのが、今の長雨にすっかりカビが生えてしまった。
専門家は硫黄で燻蒸をするのだが、素人では自然に任せるしかない・・・残念だが仕方ない。
せめてと思い、鳥の餌台の上に置いているが、今の所、鳥たちは見向きもしない。

明日は中学の時の同級会が甲府で開催されるので行く予定であるが、その後八ヶ岳の山の家に向かうつもりだったが台風との遭遇は困るのでこちらは中止。
同級会には東京と地元の人達が集うのだが、今の所15名ほどの参加だそうである。

旧友がどんな77歳となっているのか会うのが楽しみである。
yodaさんの投稿 - 16:23:33 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック