"季節だより風だより・干し柿"

11 / 03

季節だより風だより・干し柿

甲州百匁(こうしゅうひゃくめ)






秋の澄み切った青空には干し柿の橙色が良く似合う。
今年もこの季節がやって来た。
実は2週間ほど前にタカコサンがお茶の先生から平べったい渋柿をもらってきたので、さっそく皮を剥いて軒下に吊るしておいた。
初めの頃は順調に干し上がって行ったのだけれど、秋の天候不順の影響を受けてカビが来てしまったのだ。
何とも口惜しかったけれど、野鳥のための餌台に置いたが、小鳥たちは見向きもしない。
結局、二度の台風でどこかに飛んで行ってしまったらしい。

実は本格的な干し柿づくりはこれからなのだ・・・まずは11月に入って晴天が続く間に干しあげてその後寒風に晒す。
甲州では干し柿を「枯露柿」と呼んでいるが、言い得て妙ではないか、仕上げにはどうしても八ヶ岳颪の身を切るような寒風が必要なのだ。
甲州枯露柿の産地としては塩山のあたりが有名だが枯露柿用の「甲州百匁」という柿がこの地にはあり、形は円錐形で大きさは大人の拳を二つ合わせたぐらいである。
この柿は真正の渋柿で木からとったばかりのモノを一口でも噛むと口の中に当分の間渋が残ってしまう。
けれどこれを干しあげると極上の甘さとなりコウという果糖が粉状に吹いてくる。
おそらくどんな果物もかなわない究極の甘味なのだ。
甲州ではこれを藁を敷いた木箱に並べて暮れの贈答品として使うのだ。

一昨日生協のマーケットに行ったら甲州百匁を五個入りで売っているではないか・・・さっそく2袋買って皮を剥き軒下に吊るした・・・昨日今日と晴天で順調に干し上がっている。
天気予報を見ると後一週間ほどは晴天続きだそうなので今回はうまく行くかもしれない。
本当はカビを寄せ付けないために硫黄で燻蒸するのだがそこまでは出来ないので天気頼みなのだ・・・
もし危うくなったら、早めに食べてしまうという手もある。
干し上がる前の生乾き状態の干し柿を「アンポ柿」と言って、こちらの方を好む人もいる。
ねっとりとして柿のジャムでもなめているような味わいなのだ。
実はわたくしはこちらが好み・・・と言うわけではないのだが、待ちきれず、ほとんど枯露柿になる前に食べてしまうのである。
この「アンポ柿」に近い味として熟し柿がある。
これは同じ「甲州百匁」がある程度色づいた頃を見計らって米櫃の中に入れておくのだ。
何がどのように作用するのか分からないがこの味も絶品。
酒飲みは酔い覚ましに食べると悪酔いしないというのだが・・・私には無縁。

いずれにしろ「枯露柿」も「アンポ柿」も「熟柿」も我が身体には悪い禁断の果物なのだが・・・・

yodaさんの投稿 - 17:50:54 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック