"健康実践ノート・腎臓検診"

11 / 09

健康実践ノート・腎臓検診

血圧






11月に入って今まで安定していた血圧がぐんと上がってしまった。
私の場合は腎臓があまり良くないので血圧は上を120台下は70台でキープするように言われているのだ。
けれどここにきて上が140を軽く越え、下も90台に迫ろうとしている。
薬はちゃんと飲んでいるのだが、やはり季節の変化に身体がついて行けないのだろう。
にもかかわらず、京都旅行では一切、身体関係の数値は気にしないことにしたツケが回ってきたようである。
昨日の朝は150を超え、今朝は160を超えてしまった。
大きく深呼吸をしたり、少し時間をおいて測り直してみたりしたけれど上がった数値は下がらない。

実は今日は腎透析の検診の日で昨日から腎臓の機能を表す数値が気になっていたのだ。
昨年もこの時期に数値が上がってそれがジワジワと横ばいながら上がり続けているのだ。
ある程度覚悟はしているのだけれど、上がった数値は絶対に戻ることはないと言われているのだ。
今日の検査の予約は11時でエコーで腹の様子を見ると言われていた。
もちろん、毎回の血液検査もあっていろいろなデータが表示される。
今朝の血圧の数値から考えると絶対に数値上がっているだろう・・・
考えてみれば病院での検査結果が悪ければそれに対応してくれるのが医者なので、気に病むことなどないのだと当たり前のことに気が付いた。
唯、今回は白内障の手術を控えているのであまり血圧が高いのもいかがなものか・・・
ともかく朝9時半に家を出て、病院に着いたのが10時半、採血をして、11時の予定時刻にエコーの検査をした。
検査のために朝食は抜いてくるように言われていたので、検査が終わった時点で売店でサンドイッチを買って朝食代わりとした。
担当医師の診察は1時で、それまでの間はジリジリする気持ちで待った。

血液や腹部のエコーの結果は前回とほとんど変わらず現状維持だった。
そこでこのところ血圧の上昇について話すと季節の変わり目である事と、京都旅行の食事の事を言われた。
腎臓の数値は現状維持なので血圧だけは下げなければいけないという事で朝晩の降圧剤の量を一錠ずつ増やすことになった。
まだ薬も飲んでいないのに、家に帰ってすぐに血圧を計ってみると、ほぼ平常通りに戻っていた・・・
どうやら検診が気にかかっていてそれが血圧をあげたのかも知れない。
小心者なのだなぁ・・・・血圧を下げるには医師の笑顔と大丈夫が一番。

次回の予約は1月4日となった・・・診察室を出る時、よいお年をと言ってくれた。





yodaさんの投稿 - 17:19:05 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック