"健康実践ノート・風邪"

11 / 29

健康実践ノート・風邪

発熱





一昨日、思い立って近所の医者にインフルエンザの予防接種を受けたいと電話してみた。
すると、今年はワクチン量が足りず、今から来るなら今日の分があると言われた。
熱を計ってタカコサンとすぐに出かけて行った。
今は注射針が良く伐れるせいかちくりともしないうちにおわった。
これで、今年は風邪の備えは出来たと帰宅してきた。
ところが翌日のお昼頃から嫌な咳が出はじめて、喉も痛くなって来たではないか。
予防注射をしてインフルエンザに掛かったのでは洒落にも何にもならない。
それでも夕方までは頑張って、夕食の支度はしたけれど、かなりリキを入れて作ったポークソテーが全く美味しくないのだ。
そこで食事を終った時点で熱を計ってみると37度2分ほどだった。
平熱よりも1度は高い。体温の状況が分かってとたんに気持ちが悪くなった。
「俺、熱があるから寝る」といって寝室に行った。
寝巻に着替えた時点でぞくぞくし始めてさらに熱は上がっているようだ。
薬箱に、夏に風邪を引いた時にもらった薬が残っているのでそれを飲んだ。
頓服と咳止め痰きりの薬で、それなりに効きはじめて咳はおさまったが、足が冷たく更にゾクゾクしてきたので熱を計ってみると。37度9分であった。
夜中に何度か目が覚めたが、厭な夢ばかり見るのだ。
怖い夢と言うよりも、受験だとか、授業で立ち往生したとか・・・

今朝は起きてすぐに体温を計ると熱は下がっておらず38度を超えていた。
そこで、予防注射を打ってもらった医者に行くことにした。
けれどこの熱で一人で出かける自信はないのでタカコサンについて行ってもらった。・
「手を引いてあげようか」と言われたが丁重にお断りした。
明日が喜寿なのになんともはやである。
「来年あたりは手を引いて歩くようになるかもしれないわね」
とちょっと嬉しそうにタカコサンは言った。
診察の結果インフルエンザではないことが判明して、そう聞いただけで少し元気になり一人で帰ってくることが出来た。
タカコサンは調剤薬局に行って処方された薬を取ってきてくれた。

3日間ぐらいは安静にしていなさいと言われた・・・今週の後半の予定は全てキャンセルになりそうだ。
yodaさんの投稿 - 14:29:13 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック