"なごみ食堂・散歩のとき何か食べたくなって"

12 / 24

なごみ食堂・散歩のとき何か食べたくなって

池波正太郎の舌





池波正太郎は小説の中に食の場面を必ずといって良いほど入れていてそれがどれも実に美味しそうなのである。
実際に彼は食通でも知られ、食に関するエッセイなども多数書いている。
私が池波の食に関するエッセイを初めて読んだのは平凡社から出ていた「太陽」という雑誌の連載「散歩のとき何か食べたくなって」であった。
手元に資料がないのではっきりとした年月は分からないが40年以上前であったと思う。。
「太陽」は今は休刊となっていて別冊の特集号だけは出ているようだ。
連載当時、私はその中で紹介されている店をピックアップして食べ歩きをしたものだ。
彼が紹介している店はいわゆる高級店ではなく我々のような薄給のモノでもちょっと無理すれば行けるような店だった。
特に神田界隈の店は今でも印象に残っている。
まずは神田の「やぶそば」。江戸のソバのルーツのような有名店であるが敷居はあまり高くはなかった。
けれどその味はたれの塩辛さが私にはちょっと・・・だった。
続いて漱石も食したという「松栄亭」の洋風かき揚げ。懐かしい味であった。
一番印象にのこっているのは「竹むら」の揚げ饅頭と粟ぜんざいであった。今でも折あれば行ってみたい店だ。
浅草・上野方面では洋食の「ヨシカミ」。いわゆる下町の洋食屋である。
その気取らない雑多な雰囲気も良かった。
2年ほど前に浅草に行った時にタカコサンと寄ったがその味は昔のままだった。
今でも折があれば寄るのは上野の松坂屋の近くにある「うさぎや」である。
ここは和菓子の店であるが、どら焼きが有名でその味は絶品。
池波の案内でそのほかにもいくつもの店に行ったけれど、もう一度行きたいと思うのは目黒駅の近くにある「とんき」。
トンカツ屋であるがトンカツ好きの私の中では5本の指の中に入れている。
しかし、この連載の中で行ってみたいと思ったが敷居が高くて行けなかったのは銀座の「資生堂パーラー」であった。
甲州の田舎出身者はそのハイカラに臆してしまったのだ。

「散歩のとき何か食べたくなって」はハードカバーとなり更に文庫となり、平凡社は「コロナブックス」というシリーズで「東京のうまいもの」という写真ブックとして上梓している。
これらの本をガイドとして訪れた店はほとんどはずれがなかった。
池波の舌が私の舌と同じだなどとおこがましいことは言わないが、どうやら戦前・戦中・戦後の同時代を生きていたからではないだろうか。
もちろん池波は年上であるが、彼の育った大正から昭和初期のモダンな時代の食の洗礼を私の父も母も受けていてその美味しいと言っているものは池波とほぼ同じであったのだ。
池波は少年期を株屋の小僧として過ごしていて食に関しては結構贅沢をしていたそうだ。
「資生堂パーラー」などにも出入りしていたという。
その時代はまだ江戸の食の文化も残っていたのだ。
加えて西洋の「洋食」の味も普及し始めて、新しい食文化が生まれた時代なのだ。





yodaさんの投稿 - 16:25:53 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック