"健康実践ノート・歯科医院"

11 / 30

健康実践ノート・歯科医院

寄りそう







今日は連日の医者めぐりの締めくくりで歯医者だった。
医院はJR片倉駅前に在って、20年ほど前から通っている。
我が家からのアクセスは往きは徒歩15分程で帰りは20分かかる。
住宅地が丘陵を切り開いた高台にあるので、往きは下りで帰りは上りで若い頃は平気だったがこの年になると難渋する。
今はもっぱらコミュニティーバス・はちバスを利用するようにして予約もバスの時間に合わせている。
今日の予約は10時半で10時9分の片倉駅行きに乗って行った。
このバスは駅に着いて20分ほどしてから10時45分発で我が家の近くを通り北野駅方面に向かう。
実はこのバスに乗れると住宅地に向かって坂道を上らないで済むので有難いのだが・・・

歯科医院に着いたのが10時20分で患者は一人も居なかったので、すぐに治療室に入れてもらえた。
今日の治療は欠けた所に金属の土台を埋め込んで型を取り、次回にこの土台にちゃんとした義歯をかぶせるのだそうだ。
治療は順調に進み、土台もちゃんと埋め込まれて型を取るところまで進んだ。
もしかすると、帰りの10時45分に間に合うかもしれないと思った。
そこで、腕時計を見ると10時35分、マァ無理だろうなぁ・・・・
すると、付き添ってくれた看護師が「10時45分のバスですね」と言った。
私の様子から気持ちを察してくれたのだ。
「間に合うように先生に頼んであげます」と言ってくれた。
そして、すぐに型を外して仮の歯を入れる所まで治療が進んで後は仮歯が固まるのを待つだけとなった・・・10時40分
「今回の治療費は次回でいいですから・・・予約も家に帰ってから電話でして下さい。」
受付嬢も言ってくれた・・・連携プレイである。
「10時42分か・・・急げば間に合うな・・・」
先生も気にして声をかけてくれた。

駅のバス発着所に着いた時にはまだ1分あった。
なんとも有難いことだった・・・この歯科医院が評判の良いわけが良く分かった。
患者に寄りそうという事を良く聞くが、腕時計に向けた視線からここまで患者の気持ちを読み取るなど・・・驚くばかりだった。




yodaさんの投稿 - 16:34:57 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック