"学びの窓・縦割り組織"

12 / 18

学びの窓・縦割り組織

イジメ







インターネットでヤフーのニュースを検索していたところ教育に関する事で気になる記事が載っていた。
「急増する小学校低学年のイジメ、死を口にした我が子を守り抜いた父親の告白」
この記事を書いているのは在京のテレビ局で記者をしているという人だ。
二人の子どもがいて、2年前に都内の公立学校に通わせていたという。
当時、小学3年生だった長男がいじめに遭い不登校になり結局は引っ越しを決断。
この児童の異変は2年生のころからあり、モノを隠されたり無くなったり、前歯を折るよな事もおこったが、本人の不注意だと思っていたが、度重なったので担任に事実を伝えたが担任はいじめの発生を疑うこともせず管理職にも報告しなかった。
担任は厳しい指導が有名な女性教師だった。
そして次の年は若くて優しい若い男性教師と変わったが事態は深刻化してイジメが言葉の暴力となり、「くさい」「あっちへいけ」などとなる。
そして力量の無い教師はそれを放置して学級崩壊となっていった。
この記事は事細かにこの事例の経緯をのべているのだが、専門家に相談したところ「不適格教師ギリギリの担任が2人連なったところが問題で抑圧的な担任の後に放任的な担任が受け持つとこうなる」と言われたそうである。

実は今はこのようなことがどこの学校でも起こっているようで、学級崩壊がない方が稀であると聞く。
私が現役だった頃にも同じような事がなかったわけではないが、不適格教師の烙印の前に何とか皆でフォローしようと努力した。
何か今の学校の在りようを見ていると縦割り社会となってしまっていて競争原理に支配されてしまっているようだ。
全て上意下達で組織も完全に序列化していて、横のつながりがほとんどなくなってしまったように思われる。
序列の組織には評価が絡んできて、失敗することは評価の低下につながるのでなるべく報告しなくなる。
また、困っている事を上位のモノに相談する事もしにくくなる。
同列のモノも競争相手となるから結局誰にも相談できないから孤立化していく。

私が現役の時には管理職は校長・教頭だけで他の教師は全て同一線上にあった。
勿論、「何とか主任」のようなものはあったがそのことで序列化はなかった。
それに職場に組合の組織がしっかりあって、同じ権利の中で横につながっていた。
年令、性別、経験年数の差はあってもそれが上意下達となる事はなかった。
困った事は助け合える組織が出来ていて、子どものこと、学級経営・教科指導のことなど先輩教師に相談する事が出来た。
また同期の人達と悩みを分かち合い先輩・後輩の垣根を取って切磋琢磨して教材研究などを自主的にできる雰囲気が校内にあった。
私自身そのような関係の中で鍛えられ成長してきたと思うのだが・・・
今はそのようなことは夢のまた夢。
組合などと言う組織はすでに形骸化してしまったとも聞くのだが。
学級崩壊、学校の荒廃はこのあたりにもあるのではないだろうか。





yodaさんの投稿 - 17:26:46 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック