"好奇高齢者の生活と異見・総論・各論"

12 / 20

好奇高齢者の生活と異見・総論・各論

反対







このところ穏やか天気で冬至前だというのに日差しも暖かく有難い。
今日は、10時の予約で整体に行ってから橋本・町田方面に出かけて行った。
町田では、小田急の食堂街で天ぷら定食を食べて、年賀状関係のグッズをめあてに本屋を回ってみた。探していた本は見つかったけれど、来年はイノシシ年なので、デザイン的には地味なモノばかりでゴム印の気に入ったものは見つからなかった。
あきらめて早めに帰ろうとしたところ、横浜線が全線不通と言うではないか。
東神奈川駅の信号故障で復旧の見込みが分からないとのことであった。
仕方無いので、時間つぶしの為に、もう一度デパートめぐりをして時間を潰した。
有難い事に復旧の見込みについては逐次、ガラ系に入ってきて結局3時過ぎに電車は動き始めた。
師走のデパートはやはり混んでいて、デパ地下などは肩が触れ合うようだったが、東急デパートの中にある東急ハンズが面白かった。いつも目当てのモノだけを目指して売り場に行くが、時間はたっぷりあったので、ゆっくりと見て回る事が出来た。

電車は35分遅れで実際には4時10分ごろの八王子行きの急行に乗れた。
勿論くたびれ果てていたので優先席に座ったが、私よりも10歳ほど若い60代半ばぐらいの男性が隣に座った。
すると発車間際にバギーカーに荷物を載せて、子どもは若い父親が身体の前に抱っこのように負ぶい紐で抱いていた夫婦が乗ってきた。バギーの方は母親が引いていた。
と、隣に座っていた男性がスッと立って席を譲ってあげた・・・子どもを抱いた父親ではなくバギーの方の母親が男性に挨拶するでもなくスルリと座った。
それからしばらくすると子どもの方がむずかりはじめた。
そしてその声がなんとも耳触りの鳴き方であった。
どうやら、子どもは母親の抱っこの方がいいと言うのだ。
そこで母親が立ちあがってあやすのだが、どうしても母親に抱かれたいらしく泣き叫び始めた。
それでなくても遅れた電車で時間帯にしては結構混んでいる。
夫婦が立ってあやしていると、席を立ってあげた男性は隅の方に追いやられた。
席に座らないのならその男性に席を戻してあげればいいのに・・・
子育て中の若い夫婦に協力してあげて・・・と思ったがやはり近くで泣き叫ばれたりすると親切をしようという言う気持ちは冷めていく。
子育て中なのだから親切にしてあげねばと思うのだが実際に隣でわめかれると迷惑千万。

何となく、港区の児童相談所建設を巡るトラブルを思い出した。
住民の中で反対派の人達は上から目線で理由にならない理由で反対していた。
けれど、その論議を受けてテレビのコメンテーターの一人がもし自分の家の隣に施設ができたらやはり反対するかもしれないと言っていた。
その場の雰囲気から言うとかなり勇気のある発言だった。
常識的に言えば建設反対などとんでもない事という意見が大半であったがいざ自分の身に置き換えると反対もあるか、電車の中で考えさせられた一コマだった。


yodaさんの投稿 - 18:32:49 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック