"かたくら通信・皮算用"

01 / 03

かたくら通信・皮算用

健康製品







昨年の暮れに「皮算用」の当てが外れたがそれでも痛い思いをした分の保険金の戻りがあったので、健康生活に役立つものを買おうと思った。
まずは第二の心臓と言われている脹脛をマサージするモノを買おうと思った。
そこで、量販店を回ってみた所、何種かあったがピンからキリまである事がわかった。
取りあえずカタログをそろえて吟味してみることにしたが、私のように,脹脛にむくみのある者には医者との相談が必要とあったので断念。
ならば、以前から目に付けていた野菜、果物のなどのジューサーを・・・
毎朝、フレッシュな絞りたてのジュースを飲むのが憧れだったのだ。

日を改めて八王子の駅ビルにある量販店に出かけて行った。
なるべく素材の味を損なわず、生のジュースが取り出せるものが良い。
調理器具の並べてあるコーナーに行ってみると、ミキサーを初めとしていろいろな種類のジュース絞り器がある事がわかった。
製品を一通り見て、商品の前に置いてあったカタログを広げてみたところ、石臼のようにスローで素材を圧縮しながら絞る機種が目を引いた。
ジュースと絞りかすとを別々に取り出すことが出来て、絞りかすの方は繊維質が残って居るので料理にも使えると書いてあった。

これぞ今まで憧れていた機種ではないか・・・即、買うことを決めた。
けれど、この種の器械もメーカごとに多少の違いがあり値段にも差があるので迷ったが、外国製の一番高いやつを買う事に決めた。
大抵の買い物は上・中・下とあれば中をとって無難に中を選ぶのだが、この時はなぜか舞い上がって上に決めてしまった。
店員を呼んで、品物を出してもらって、売り場に持っていってカードで支払った。
品物はお送りしましょうかと言われたが一刻も早く試してみたいと思い持ち帰る事にしたが・・・これが重いのだ総量7キロほどあった。
仕方ないのでタクシーで持ち運ぶことにした。

まずはこの重さは予想外であった・・・
そして家に帰ってすぐに梱包をほどき部品を確かめて組み立ててみたのだが、外国製なので中に入っていた説明書きの翻訳が雑で日本語がなかなか理解できない。
組み立てるのに一時間ほどかかってしまった。
そして、いよいよ材料を入れてジュースを絞ってみると予想以上の美味しさであった。
けれど、操作をきちんとマスターしておかなかったので絞りかすが出てこない。
悪戦苦闘して分解して洗ったのだが、後の後悔である。
実に後始末が面倒なのである。
そこへタカコサンが外出から帰ってきて、呆れ顔。
「この手のジューサーは後始末が大変だから手を出さなかったのに、自分で全てやってよね。」ですと…
「ええやりますよ迷惑かけませんよ」

でも、以来、年が明けても一度もジュースは絞っていないぜ・・・





yodaさんの投稿 - 18:20:42 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック