"季節だより風だより・留守番"

02 / 05

季節だより風だより・留守番

2泊3日







今朝はいつもより早く眼が覚めた。
タカコサンはさらに早く起きたようで階下から物音が聞こえてきた。
時計を見ると6時半である。
今日はタカコサンのお出かけの日だったのだ。
奈良の東大寺で行われるというお茶会に友達に誘われて参加するという。
今年の1月をもっていよいよ高貴高齢者の仲間入りをしたのに本当に元気である。
思えば、先月も確か大阪まで文楽を観に行ったはずである。
「女房元気で留守がいい」を実践してくれている。
私としてはもし誘われても気持ちは動かない。
家にじっとしていて留守番している方がズットいいのだ。

リビングに降りていくと、ちょうど洗濯物を干している所で、朝食はすでに済ませているようだった。
「何時に家を出るの・・・」と聞くと
「新横浜を9時52分だから8時過ぎに家を出ればいいの」
「友達とは同じ新幹線に乗るのか・・・」
「京都で落ち合うことになっているから寝ていくの」
「今夜泊まる宿はどこかちゃんと書いておいてくれよな」
「携帯があるからいいでしょ・・・なんかあったら連絡頂戴」
身づくろいをしてお仏壇に水と線香をあげて、自分用の朝食の準備をして、ちょうど食べようとしたところで、「お薬忘れないようにね、それじゃ出かけるから」と言って出て行った。
さてと・・・今朝は昨日に比べると随分と寒い、朝食を済ませて漫然とテレビを見て、10時に家を出て整体院に行った。
すると、施療中に係らず携帯が鳴ってメールが入っていた。
「門扉の所に懸けてあるゴミのカラス除けネットを取り込んでおいてください」ですと・・・
施療が終わって言いつけられたことをちゃんと果たしたが・・・もう一つ何か言われたけれど実行していないことがあったなぁ・・・朝の血圧、血糖値などなどの薬飲みである。
お出かけについては何ら文句はないけれどこのところ「忘れ」が多くなって不安がよぎる。
特に、今年になってからタカコサンへの依存度が多くなっているようだ。
一日のことを思っても、まず朝の目覚ましラジオの止め方が分からない。
部屋の暖房のタイマーの設定も知らない。
台所関係は毎日担当しているので大丈夫だが、洗濯、掃除などについての使い方をあまり良く理解していない。
一番困るのは背中が痒くて薬を塗ってもらうのだが・・・・

お出かけは普段依存している分を見直す良い機会かもしれない。
今日から明後日まで留守番をがんばるぞ・・・・・





yodaさんの投稿 - 17:23:43 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック