"旅だより・テレビニュース"

02 / 07

旅だより・テレビニュース

自信喪失







昨夜遅くにタカコサンがデビューしたニュースがメールで送られてきた。

『室町時代に活躍した奈良出身の茶人、村田珠光にちなんだ大規模な茶会「珠光茶会」が6日から奈良市内の寺や神社で始まりました。「珠光茶会」は室町時代に茶の湯の基礎を築いたとされる奈良出身の茶人、村田珠光にちなんで奈良市などが毎年この時期に開いています。初日の6日は4か所で行われ、このうち、法華寺では境内の建物にお茶の流派の一つ、藪内流の茶席が設けられました。そして着物姿の女性などが目の前でたてられたお茶や珠光にちなんだお菓子を静かに味わっていました。
東京から訪れた70代の女性は「由緒あるお寺でのお茶席はすばらしく、お茶やお菓子もとてもおいしくて、楽しい時間でした」と話していました。
珠光茶会は今月10日までの5日間、東大寺や春日大社など市内の12か所で会場を変えながら行われ、最終日には、奈良の地酒をふるまう「日本酒茶会」が初めて開かれます。』

ニュースで語られた内容である。この中で東京から訪れた70代女性というのがタカコサンなのだ。そして映像も添付されていて、確かにタカコサンが喋っている姿が映し出されていた。

ところで、女房殿は遠く奈良の都で脚光を浴びたようだが、私はいよいよ危ない・・・自信喪失の出来事が起こってしまった。

昨日キャンセルした床屋に今日は行ってきたのだが…さっぱりと綺麗にしてもらって京王線で北野駅まで戻ってきて我が家の近くを走るはちバスに乗る予定だった。
床屋の予約は2時でそれにはちゃんと間に合った。
帰りは3時20分北野発のはちバス乗れるように散髪をしてもらった。
そして、3時10分には北野駅について駅前のパン屋で朝食用のパンを買い時間通りにやってきたはちバスに乗ることができた。
ところがバスは反対方向に走っているではないか・・・バスの時刻表の見間違いである。

先月ダイヤが変わったこともあって記憶が混乱していたのである。
気が付いた時にはバスは2停留所も来ていて、そこから駅に戻るのには歩いて20分程かかる。
ともかく歩いて戻るしかないのだ。
それに北野駅まで戻っても次のバスまで1時間以上ある。
駅前で買ったパンの袋をぶら下げてトボトボ歩いた。
するとちょうどひと停留所歩いた所で左足に異変が起こった足首から先が攣る状態となった。
万歩計を見るとすでに6千歩ほど歩いている。
我慢して足を引きずりながら歩いた所、右足も同じ状態になった。
靴を脱いで道端に座り込んでしばらくグルグルしたところ治まったのでまたトボトボ。
結局、30分以上もかかって駅までたどり着きそれからタクシーで家まで戻った。

自信喪失である・・・明日は読書感想文コンクールの表彰式が大手町の経団連会館である。
それに参加の予定であったが、この状態でとても一人では行けそうもない。
足が攣って地下鉄のコンコースで座り込んで手当と言う訳にもいくまい。
思案のしどころである。




yodaさんの投稿 - 17:25:41 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック