"学びの窓・感想文表彰式"

02 / 08

学びの窓・感想文表彰式

大失敗






昨日に引き続きまたやらかしてしまった。
はちバスに乗り遅れてしまったのだ。
そもそもはちバスなるモノは・・・八王子市が地元のバス会社に委託して走らせているコミュニティーバスである。
市内で陸の孤島のような路線バスが通らないような所を走らせているのだ。
と言っても一台のバスを巡回させているので2時間に一本である。
このようなバスはもう一か所あるのだが我が家の近くを走っている路線は横浜線片倉駅から京王線北野駅を経由して同じく長沼駅方面まで行って戻ってくるのだ。
そこで、片倉駅に行くときと北野駅に行くときは反対の方向にバス停はある。
昨日の失敗は北野駅から片倉方面行きのバスに乗ったつもりが、さらに長沼方面に行くバスに乗ってしまったという次第なのだ。
そして今日の失敗は、我が家から京王線北野駅に行くのでバス停まで行ったところ待てど暮らせど来ない。
実は先月このバスの時刻の変更があって15分ずつ早まっていたのだ。
それを頭の中で切り替えていないために昨日も今日も時刻表の確認が出来ていなかった。

実は今日は都心の大手町で読書感想文コンクールの表彰式があり、それに参加するつもりであった。
しかし、今年になってまだ一回も新宿方面まで出かけたことがなくて、一人お出かけは自信がなかったのだ。
どうしようか・・・と散々迷ったのだが、タカコサンにここで一人で出かけることをしないと益々引きこもりとなるので出かけなさいと言われたのだ。
そこで、意を決して家を出たのだが、以前の時刻がインプットされていて乗り遅れた次第。
なんせ陸の孤島であるからバス停から北野駅まで歩くと30分はかかる。
表彰式は1時までに行けば間に合うのだが・・・・北野駅まで歩いてそれからとなるとギリギリというところであった。
けれど、意を決して家を出てきたので戻るのも業腹で・・・頑張って歩いた。
途中で昨日のように足が攣りそうになったが頑張った。
どうやら自分で自分を年寄り扱いにしてしまっているようだ。
結果、迷わず都心の地下の迷路のような所をたどって会場に着くことができた。

やれば出来るじゃないか・・・頑張って行ったおかげで懐かしい人達に沢山会う事が出来た。
それに平成最後のコンクールということで皇太子ご夫妻も臨席されて御尊顔を拝することができた。
雅子様は久しぶりに公の式への御臨席ではなかったろうか・・・

yodaさんの投稿 - 18:19:20 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック