"好奇高齢者の生活と異見・お粗末さん"

05 / 16

好奇高齢者の生活と異見・お粗末さん

劣化








また質の悪い国会議員がやらかしてしまったようだ。
今回は自民党ではなく維新の会だそうだが、彼は以前にも酒によって事件を起こして禁酒宣言をしたはずだ。
ともかくお粗末としか言いようがない。
そしてその言質は悪いのは自分ではなくマスコミであると聞こえてくる。
事の顛末をいまさら書く気もしないが、「戦争によってしか領土を取り戻すことができない」という考え方は憲法を専守しなければならない国会議員の言うべき言葉ではないはずだ。
このような輩は戦争を煽っても自分は先頭に立って戦うのではなく後方に居て安全と思っているのだろう。

35歳だそうだがその歴史認識の浅さに驚くばかりだが、このような輩がこれから続々と出てくるのではないかと懸念する。
現に彼の発言について「丸山議員は良いことを言ったのだから謝罪するな!島返還には核武装したうえで戦争をする覚悟が必要」と言っている葛飾区の区議もいる。
憲法で言論の自由が保障されているとはいえ、その憲法は戦争をしてはならないと言っている。
酒場での酔っぱらいの議論ならいざ知らず民に選ばれた立場にいる者たちが公言してはばからない風潮が出はじめている事が恐ろしい。
丸山議員は辞職する意思はなく「任期を全うすると」と言っているそうだ。

トランプ大統領以来世界の各国で自国第一主義が言われヨーロッパなどでは独裁的な指導者を仰ぐ右翼的な政党が台頭してきているようだ。
思えば、大国である中国もロシアもある意味では独裁に近い指導者を仰いでいる。
我が国もアベ長期政権で何でもアリの風潮で、いまだ糾弾すべきことも未解決ではないか。
お隣の国の独裁者はまたミサイル発射を始めてT大統領を挑発しているように見える。
戦争など絶対にしてはいけない・・・戦中戦後を生きてきた一人として愚かな挑発や妄言に踊らされて「戦争する国」にならないように何をすべきかもう一度考えてみようと思う。

今回のおバカな議員の発言を言下に否定して「戦争はいけない」と言い切った元島民の団長の言葉は重い・・・彼らは自分の故郷を追われた被害者なのだ。
その心情を思いやる心がひとかけらもないこの議員は即刻辞職すべきだ。
気になるのは「国益を損ねた」と言ってはいるが自民党の人々は丸山議員を糾弾する事はしていないことだ。
折も折、自民党の議員には「失言防止マニアル」が送付されたそうである。
マニアルではなくどうしたら公僕として国民の為に尽くす事が出来るか、奮起を促し、もっと勉強せよと叱咤激励すべきではないだろうか

それにしても丸山議員は失言の域を超えたお粗末さん。




yodaさんの投稿 - 16:46:09 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック