"かたくら通信・無差別殺傷"

05 / 28

かたくら通信・無差別殺傷

登戸の事件







ちょうど朝ドラを見終ってNHKではないニュース番組を見ている時にテレビ画面の上に登戸で殺傷事件が起こったとテロップが流れた。
詳細は分からなかったが襲われたのが登校途中の児童らしい。
別なチャンネルに切り替えたがトランプ大統領関係のニュースであった。
それからしばらくして事件の詳細が報じられるようになったが何とも痛ましい。
犠牲者の多くは私立の小学校に通う児童で、スクールバスを待っているところを次々と襲われたようである。

このような事件でまず思い出すのは大阪の池田小の殺傷事件、無抵抗の子ども達を次々に襲った事は類似していると思った。
そしてもう一つ秋葉原の通り魔事件、あの時は犯人は2トントラックで青信号で横断中の人達をはねてさらに車から降りて7人を殺傷してさらに10人に怪我を負わせた。
その動機は様々な角度から解明されようとしているが、事前に事件を予告していたことが判明していて「世の中が厭になった、誰でもいい」と身勝手な言い分であった。

今回の事件は二つの事件を合わせたように思え不気味であるが、犯人は自ら命を絶ってしまって、その動機などの本当の所は不明となるやもしれぬ。
けれど、出来るだけその真実を解明して類似の犯行が起こらないように防がなければならないと思う。
事件によって怪我をした人達の一日も早い回復を願うと共に事件に巻き込まれた学校、地域、そして多くの子ども達の心のケアも急がねばなるまい。

世は平成から令和に代わりアメリカの大統領が国賓として招かれいささか浮かれているように思えてならなかった。
けれど、ムードに流されず今世の中に起こっている様々な問題に冷静に対応しなければならいと思う。
まずは弱い者、力のない者たちがきちんと守られなければならないと思う。
滋賀で起こった無抵抗な子どもたちへの交通事故・・・その加害者の多くが老齢者であることも忘れてはならない。
そしてその老齢者達がいくら注意を喚起しても騙され詐欺にあっている・・・近々ではアポ電という強盗殺人にまで発展しているそうだ。

国賓警備でおびただしい警察官の配置をテレビ画面で見ながら、もっと守らなければならない大切なことがあるのではないかと思ったのだが・・・そして今朝の事件だった。


yodaさんの投稿 - 15:53:43 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック