"かたくら通信・科学の進歩"

06 / 10

かたくら通信・科学の進歩

タブレット







昨日は東京と埼玉の境の辺りに住む孫のリョウが午後から2時間かけて来てくれた。
庭の梅がポトポトと落ち始めたので採ってもらおうと思ったのだ。
けれど、あいにく着いた頃に雨が降り始めてしまった。
そこで、前から気にかかっていたタブレットをどこでも使えるようにしてもらう事にした。

私がタブレットを使うようになったのは一昨年の夏の始まり頃だった。
若い(と言っても私より10歳下)友人が便利な玩具だと思って使ってみれば・・・と買ってきてくれたのだ。
けれど、この機種は家でWi-Fiというものが飛んでいる範囲でしか使えないのだそうだ。
そこで八ヶ岳の山の家にも飛ばすようにしてもらって八王子と山の家の範囲だけで使っていた。
縦25センチ横17センチ暑さ1センチほどの板がどのような仕組みとなっているのかほとんど分からないが知恵の泉のようで、分からない事を直ぐに調べる事が出来る。
加えて写真も撮れるし、ラインなる通信も出来る。
主に私の場合はブログを書く時にどうしても分からない事があった時に辞書がわりに使う。また、一番便利なのはクックパットなるモノを呼び出してレシピを見ながら料理する事が出来るのだ。
通信関係ではラインなるモノを2〜3人とやっているが余り広がってはいない。
最近分かった事だが電話のように使う事も出来るのだそうだ。
もう一つ・・・ブログの発信も出来ることが分かった。

八王子にはデスク型のパソコンがあり山の家にはノートパソコンが置いてあるので今まではそれですんでいたがそれ以外の所からの発信が可能である事が分かった。
至近のことでは月末に入院を控えているので今まで書き続けてきて中断するのも口惜しいのでタブレットを使ってみようと思ったのだ。
そのためにはタブレットの中にシムというものを入れるのだそうでその手続きを孫にやってもらう・・・正直何が何だかさっぱりわからないのでタカコサンとリョウに委ねた。

結果は本人が立ち会わなければ契約できないと言う事で、改めて今日、タカコサンにもう一度同行してもらって八王子のビックカメラに行ってきた。
結構手続きは面倒で、身分証明が必要でパスポートか健康保険証(この場合は電気料金の領収書添付)が必要。免許を返納した時に発行してくれた身分証明書やマイナンバーカードは不可。
どうやら毎月の料金を支払えるかどうかを知る為らしい。
1時間ほどかかってようやっと手続きが終わって「シム」なるカードを入れてもらった。
大きさは5平方ミリぐらいで不器用な指先ではとても装着できそうもない。
ともかく・・・その瞬間、その場所から使えるようになったのだ。

タブレットも不思議だがシムももっと不思議・・・科学の進歩に驚くばかりである。

yodaさんの投稿 - 17:36:29 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック