"健康生活日記・キャンディーズ"

06 / 12

健康生活日記・キャンディーズ

41年








昼食が終わって自室に戻りテレビをつけたところ、ニュース番組で伊藤蘭さんがコンサートを開催したというニュースをやっていた。
そしてその模様をかなり詳しく報じていた。
ニュースのバックには「もうすぐ春ですね・・・」のメロディーが流れていた。
キャンディーズ解散コンサートから41年目だそうだ。
伊藤蘭さんは御年63歳だそうだが、声も容貌もあまり変わっておらず艶やかであった。
世代的に言うと私は特にファンというわけではないが、彼女達の活躍については教え子たちを通して知っていた。
そして解散した時の「普通の女の子に戻りたい」という言葉も覚えている。
その後、三人はミキさんは主婦となり、スーちゃんは女優となり結構良い所までいったがなくなってしまったようだ。
ランさんは水谷豊と結婚してしばらくしてこれまた女優として復帰して今回のコンサートまでに至ったようだ。
結局、普通の女の子に戻ったのはミキさんだけだったようだが、一度脚光を浴びでしまうと普通には戻れないものだろうなぁ…と思ったものだ。

ところで、このキャンディーズについては忘れられない思い出があるのだ。
彼女達が「普通の女の子に戻る」と言ったお別れコンサートを観ているのだ。
もちろん会場である後楽園まで行ったわけではない。
テレビの中継を見ていたのだ。
それも、家ではなくて立川の国立病院の病室だった。
蘭さんのコンサートが41年ぶりと知ってあの入院が41年前だと気付いたわけだ。
その時の入院が何であったのかはっきり覚えていないのだが・・・腎臓関係で手術によって沢山の結石が出てきたと言われた。
おそらく発作のような事が起こって緊急入院となり1週間ほど手術入院。
春休みのことだった・・・当時、町田の鶴川の小学校に勤めていて1年生を担任していた。

思えば私の腎臓関係の病歴の始まりはここからだったように思う。
それから今に至るまで6度ほど入院しているが・・・どうやら行き着くとところまで来てしまったようである。
伊藤蘭さんの衰えぬ艶やかな声を聴きながら41年間の越し方を振り返った・・・音楽というものは突然のように過去を戻してくれるのだなぁ。
番組の中でキャンディーズと青春を重ねている人達も映っていた。

yodaさんの投稿 - 15:48:27 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック