"健康生活日記・入院準備"

06 / 21

健康生活日記・入院準備

散髪








入院がいよいよあと1週間と迫ってきた。
体調は良いとも悪いとも言えず小康状態である。
今回の入院は手術のような事ではなく5月以来続いている浮腫を取ることだ。
治療がどのようなことになるかは分からないが、多分点滴をしながら強制的に体中の水分を抜くのだろう。
当然、食事療法も加味されるので、「減塩食」になるであろう。
どんな食事であれ、今の状態では何を食べても美味しくないので、減塩もちょうど良いのかもしれない。

入院を前にやっておかなければならない事が幾つかあった。
まずは焼物の始末である・・・今年になって作っていたカップなどを乾燥させたママになっているので、それを素焼きにした。
昨日の午前中から窯に火を入れて700度の温度で焼いた。
今朝は焼き上がっていて、ちょうど良い具合の上がりである。
本焼きは入院の前にするか後にするか迷い中であるが、もしかするともう轆轤を回すことが出来なくなるかもしれない。
今は発表の場のような所もないのでここでフェードアウトもいいかもしれない。

次に散髪・・・大体月に一度は床屋に行っていたのだが連休明けに行ったきりで、すでに50日近く経っている。
頭は蓬髪状態で鏡に映る顔を見ると誰かに似ている・・・歴史の本などに出てくる「一休禅師」の肖像画。
床屋に行きたいとは思っていたのだが、南平までの道のりが今の体力ではきついのだ。
炎天下を往復30分程歩かなければならないので、躊躇してしまっていた。
それに、床屋と言えば必ず組み合わせていた「えびすや」のラーメンカレーセットがどうでもよくなってしまったのだ。
特にラーメンの味は記憶の中に留めておくだけで良くなってしまった。
25年以上も通った床屋さんを変えるのは忍びないのだが、髪の長さは限界まで来ていたので思い切って近隣の床屋に行ってみた。
我が家かから歩いて10分程の所にある商店街の中にあるカットサロン。
午後から予約をとって行ったところ・・・店主は以前日野市の南平に住んでいて行きつけだった床屋さんも知っていると言っていた。
もちろん「えびすや」のラーメンのことも知っていて盛り上がった。
ひとまずは歩ける範囲の中に床屋が見つかって一安心。

yodaさんの投稿 - 17:35:49 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック