"健康生活日記・塩分"

07 / 18

健康生活日記・塩分

下ごしらえ







かるしおレシピの基本は下ごしらえにある。
昨日は出汁のことについて書いたが、まずはその出汁を取るための手間が大切で、特に味の決め手となる「八方出汁」で素材にあらかじめ味付けをする。
例えば豚肉を使った料理であればこの出汁を煮たててそこをくぐらせる。
魚などもこの出汁に付けて置くこともする。
ともかく料理をする前にひと手間かけるのだ。
タカコサンによると懐石料理の調理の仕方とよく似ているそうだ。
けれど懐石の場合は出汁の取り方として昆布と鰹節で取るのでうまみ成分がより強いのだ。
「かるしお」の場合は昆布も入れるとその中に含まれている塩分が邪魔だ。
ともかく塩分をなるべく抜いて美味しい出汁を取る・・・

実は私の場合は最初の頃は真面目に鰹だしを取っていたが、ここにきてズルをするようになった。
九州にある「茅の舎」という店の出汁の素を使っている。
この出汁は鰹や昆布、しいたけなどの粉末が小袋に入っていてそれを水から煮出せば出汁が取れるという優れものだ・・・塩分52%カットを使っている。八方だしは五日市にある醤油メーカーの出汁の素。
ちょっとインチキであるが今までのやりたい放題に比べるとそれなりに塩分はカットされているようだ。
ともかく今のところは浮腫みの症状もなく、体重も安定し、血圧も下がり始めているのだ。
どうしても外のモノを食べなければ成らない場合は必ず成分表を見て塩分を確認している。
最近分かったのだが、食パン8枚切り一枚で塩分は0.5グラム入っているそうである。

実は今日は退院してから初めての腎透析科の診察日であった。
退院してまだ11日しかたっていないけれどそれなりの努力をしてきたのでその成果やいかに・・・
腎臓の機能を表す数値は微増だった・・・ほぼ現状維持というところだ。
診察の結果この夏は取りあえず入院も透析の準備も無しだった。
8月の終わりに診察日が設定されたがそれまでの間に何か異変があったら
いつでも来るように言われた。
そして、塩分控えめでカリウム、たんぱく質にも注意と釘を刺された。
yodaさんの投稿 - 17:48:30 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック