"八ヶ岳南麓だより・墓参り"

08 / 12

八ヶ岳南麓だより・墓参り

墓じまい








75歳になって免許を返納して困った事は故郷切石への墓参りが不便になった事である。
車がなくてはまず出かけていく事が出来なくなってしまったのだ。
一昨年はとうとうお盆の墓参りはパスしてしまった。
昨年は弟の車に便乗してなんとか一度だけお参りする事ができた。
さて今年は・・・5月の連休の時に山荘に遊びに来た教え子の弟のE君がロフトがすっかり気に入ってまた泊まりたいといってきた。
そこで、昨日八王子からこちらに来るときに車を出してくれて今日は朝から切石までの墓参りに付き合ってくれた。
山荘から切石までは中部横断道で南下して中富という出口で降りて1時間ほどで行けるようになった。
昨年はまだ開通していなかったがいつの間にかトンネルが穿たれ便利になっていた。
しかし、故郷の切石は通過点となってしまいまったく寂れた町と化していた。

菩提寺は町のちょうど中心辺りにあるのだが、今年の春に住職が亡くなってその息子が跡を継いだそうで私は初のお目見えだった。
しかし、新しい住職は以前居た寺とも兼務らしくこの時期は大忙しで不在だった。
代わりに奥さんが対応してくれたが・・・なかなかしっかり者のようだ。
お布施をあげてから両親が眠る墓石の周りをきれいにして、墓石も洗って線香を供えた。
けれど、実はこの墓のほかに先祖代々一族が眠る墓所が菩提寺から歩いて20分ほどの山道を登った所にあるのだ。
車を運転していた75歳まではそこまで登って参っていたが今はとても無理である。
加えてその墓所が集落全体を猿や猪の害から守るために囲った電流を流したフェンスの外になってしまっているのだ。
けれど、私としてはずっと気がかりでその墓所を仕舞って菩提寺の境内にある両親が眠る墓に入れたいと思っているのだが・・・
そこで、新しい住職の奥さんに話すと・・・やはり同じような例があるそうで相談に乗ってくれると言った。

元気なうちに断捨離を・・・墓じまいもその一つである。
近々のうちにまた菩提寺を訪ねて相談しようと思う。




yodaさんの投稿 - 17:27:09 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック