"八ヶ岳南麓だより・2歳児"

08 / 14

八ヶ岳南麓だより・2歳児

絵本と動画








すぐ上の姉のところには男の子が4人居る。
子といっても皆立派な大人となって一家を構えている。
長男は家を継ぎ南アルプス市で姉夫婦と共に果樹農園をやっていて、子どもが3人居てその長男は既に農園を手伝っている。
次男は京都の大学を出て滋賀県の大津で起業して子どもが4人居る。
3男が我が家に養子に来てくれて依田の姓を名乗り子どもが5人居て、我がブログに登場する孫たちである。
4番目は大学を卒業した後、某有名な玩具メーカーに就職して3年ほど前に結婚して子どもが一人居る。

お盆の時期になるとこの甥たちが山荘に寄るのが恒例に成っている。
今年は台風襲来のニュースもあって昨日と今日と立て続けに訪ねてくれた。
昨日は先ず4男が2歳4ヶ月になるタスク君を連れてやってきた。
実は子ども連れでやってきたのは初めてでタスク君とは初対面だった。
そこで、山荘にある絵本を何種か出しておいてそれをおもてなしにした。
と、魚を主人公にした絵本に食いついた。
母親の言によると、絵本は大好きでこのところ魚も大好きで図らずしてビンゴとなった。
父親が同じ本を何回も読んであげて父と子の絆が深まったようである。
勿論、そのほかにも魚の出てくる本をお土産に持たせた。

今日は大津に住む甥がやってきた彼の所には2歳6ヶ月になるルミちゃんと言う子が居る。
ルミちゃんとは昨年の夏に会っていたのでその成長ぶりが楽しみだった。
そこで、女の子向けの絵本を用意して待ち構えていたが・・・台風襲来で予定変更し早めに帰るという事で10時ごろ着て11時には帰っていった。
ルミちゃんは朝が早かったせいでご機嫌斜めでむずかって居た。
手にはタブレットを持っていて動画を見ているようだった。
画面はテレビ放映されている「おさるのジョージ」だった。
用意した絵本には余り興味は示さず姉の桜ちゃんがタブレットを取り上げようとすると抵抗して泣いた。
ルミちゃんは2歳6ヶ月で既にタッブレットの操作ができるという。

同じ2歳余の子どもの反応を見る事が出来て大変興味深かった。
絵本なのか動画なのか・・・タブレットなるものが世に出て普及し始めてその歴史は浅いので両者を比べるのは早計だと思う。
二人の子が大きくなっていく過程でどのように変化していくのか見守りたい。
ルミちゃんにもお土産として絵本は持ち帰ってもらったが・・・

yodaさんの投稿 - 16:32:57 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック