"八ヶ岳南麓だより・M君の話"

08 / 22

八ヶ岳南麓だより・M君の話

占守島の戦い







1945年8月18日にソ連軍が千島列島の東端の占守島(しむしゅとう)に攻めてきた。
この8月18日は日本がポツダム宣言を受諾して戦争は締結しているはずなのに侵攻してきた。
それ以前を言えば日本とソ連は中立条約を結んでいたのだが8月9日に一方的にその条約を破棄して対日参戦をした。
その延長としての占守島の侵攻なのだ。日本軍は武装解除中であったが、日本軍守備隊は応戦した。
当時この島にいた部隊は第5方面軍第91師団千島第一守備隊兵員は8500名だったと言う。
この時の第5方面軍司令官は樋口中将であった。(この人はユダヤ人を救った杉原千畝と同じようにユダヤ人救出に尽力している)
そして、第91師団長は堤中将で断固反撃に転じ「ソ連軍を撃滅すべし」の命を下す。

この堤中将であるがM君の話によると甲府にゆかりのある人なのだそうだ。
不確かであるが我が母校の甲府第一高等学校の前身である甲府中学の卒業生であるとか。
そしてこの堤中将の家が甲府の日向町にあり、その家をM君の祖父が買って住まいとしていたと言うのである。
かなり瀟洒な家だったそうだが今は更地となってしまっているとか・・・

それはさて置き、占守島の戦いであるがこの時期の戦闘としては唯一日本軍が勝利をおさめた戦いだそうである。
ソ連軍の戦死者4000人に対して日本軍は400人だったと言う。
樺太・満州から北海道に侵攻すべきソ連軍は到着が遅れてストップしたといわれている。
ソ連のスターリンの野望は北海道を占有し不凍港である「釧路」を獲得したかった。
更に、東北地方までも侵攻して朝鮮半島のように日本を分断国家にする狙いもあった・・・
しかし時のアメリカ大統領のトルーマンの反対にあって断念。

戦闘に勝ったとはいえ結局は降伏という事になり、8月21日にソ連の艦上で堤中将が降伏文書に調印する。
そのとき戦闘に参加した兵士たちは後にシベリヤ抑留と言う過酷な運命が待っていた。
けれどこの戦闘に勝ったお陰で日本が分断国家にならなかった。

私はこの占守島の戦闘についてはまったく知らなかった。
この戦いに関係するテレビのドキュメント番組もあったようである。
占守島に関する著書も何冊か出版されているという。。
ぜひ読んで見たいと思っている。
また、第五方面軍司令官の樋口中将とユダヤ人救出についても調べてみたいと思った。






yodaさんの投稿 - 17:05:24 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック