"かたくら通信・台風15号"

09 / 13

かたくら通信・台風15号

想定外







我が家の台風被害については今のところさしたることもなさそうである。
しかし、次日の夕方に訪れてきた業者についてブログに書いたが、どうやら詐欺的要素が強いようだ。
同じような言い方で訪問してきたという例を近隣で幾つか聞いた。
実際に屋根に登らせてしまって法外な要求を受けたと言う人の話もあった。
いずれも、一人暮らしやお年寄りの家族を狙っているようだ。
日曜日には念の為に出入りの大工さん来てくれる事になっている。
家を建て替えて20年となるので屋根の点検はいい機会かもしれない。
それにしても災害につけこんで詐欺まがいの事をたくらむなど許されない。
それも無知に付け込むやり方は振り込め詐欺と同じだろう。

今回の台風については日を追うごとにその実態が明らかになってきているが、想定外などでは済まされない被害の大きさに驚いている。
それも首都圏と言っても良い千葉県でなじみのある場所の惨状は他所事には思えなかった。
特に、鉄筋で出来ているはずの電柱が折れているなど想像を絶する。
倒木についてもすさまじい。
今回の台風被害は電力と水道の復旧の目途が立っていない所が何か所もあるようだが、コースが西寄りであれば我が住む八王子だって同じようなことが起こったに違いない。
思い出すのは私が就職して間もない年・・・今から50年以上前のことだったが台風のコースが三多摩地方を直撃した。
私は西多摩の東秋留小学校に勤めていて、住まいは福生の熊川と言う所に下宿していた。
そしてその下宿屋さんの屋根が強風で吹き飛んでしまった事を思い出す。
学校も同じように屋根が飛び、天井に雨水が溜まって下から棒で突いたら滝のように水が落ちてきて子どもがずぶぬれになった・・・
どんなに世の中が進化しても自然の脅威の前には無力であることが証明されたようだ。
特に電力に頼っている今の生活ではすべてがストップしてしまう事が証明された。
毎年のように夏から秋に繰り返し起こっている自然災害が年々ひどくなっていくように思えてならない。
間違いなく温暖化などによる気候変動が起こっているようだ。
人間のおごり昂ぶりに対する自然の戒め・・・
来年はオリンピック・パラリンピックの開催であるが、まさに台風シーズンと炎暑の夏になることは間違いなさそうだ。
この時期を選んだのにはどうやらテレビ放映やスポンサーなどの商業的な意図があるようだが本当に開催は大丈夫なのだろうかと思ってしまう。

オリンピックなどよりも人々にとってもっと大切な事があるように思えてならない。





yodaさんの投稿 - 17:26:37 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック