"健康実践生活・二日一日"

10 / 08

健康実践生活・二日一日

透析生活







いよいよ透析をしながらの新しい生活の始まりである。
昨日は2時に透析が終わって、昼食は病院の食堂で済ませた。
あらかじめ看護師に何を食べたら良いか相談したところ、なるべく良質のたんぱく質を取った方がよいといわれた。
そこでパッと頭に浮かんだのが、とんかつであった。
けれど今までの食生活からすればあまりにハードすぎるのでまずは食堂に行ってサンプルを見ながら考える事にした。
良質のたんぱく質はいいけれどやはり塩分も気になるところである。
それでもなんでも食べたいものは食べたい・・・そこでサンプルに示されているカロリーを見ながらチョイスしたのはカツ丼。
しかし、水と一緒に運ばれてきたメニューを見て再考した。
結局、塩分、たんぱく質、カロリーなどを考えてオーダーしたのはミートソースパゲティーであった。
久しぶりのイタリアンは美味しかった・・・ちなみに次回から透析室で病院食を食べさせてくれると言う事になった。

病院から家にはバスと電車とタクシーを使った。
チョッと自信はなかったけれどまずは病院始発のバスで京王八王子駅まで行き、そこで京王線に乗り換えて北野駅まで、そしてタクシーを頼んだ。
透析が済めば体内の血液がリフレッシュされるのだが、それに費やすエネルギーも結構いるらしく、終わった後はぐったりとしてしまった。
そして家に帰っても元気はもどらず何もする気力が起こらない。
通院透析の初日だからかもしれないが透析をしたから元気溌剌というわけにはいかないようである。
慣れてくるとまた生活も変化してくると思うが、当面透析の日は使い物にならないかもしれない。

今日は昨日に比べると幾分元気が出てきたようだ。
こうなると生活の組み立てを二日で一日と考えた方が良いかも知れないと思った。
今日は一日タカコサンはお出かけなので朝から一人で留守番である。
けれど退院以来、右の耳の聞こえが悪くなっているので午後から耳鼻科に行ってきた。

yodaさんの投稿 - 17:12:12 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック