"かたくら通信・1月10日"

01 / 11

かたくら通信・1月10日

花束







朝起きると、1月10日は何か祝い事があったような気がしたが、このところ透析が中心の毎日なので気にかかりつつも思い出すことが出来なかった。
そしてお昼前に思い出した・・・タカコサンの誕生日なのだ。
そこで、昼食を食べながら「誕生日おめでとう」と言うと、「ありがとう」と返ってきた。
我が家ではお互いの誕生日を祝いあうようなことはしていないが、私はせめての感謝の気持ちを花束に込めて贈ることにしている。
夕食前までに用意しておいて渡すのだが・・・これで一年の安寧を保つことが出来る。

しかし、今年は10日が金曜日である・・・今までならなんという事もなかったのだけれど、透析の日なのだ。
透析が終わるのが7時半頃で家に8時過ぎに帰る事になってしまう。
花束を買う時間がないではないか・・・いつもなら生協の花屋で薔薇の花束を作ってもらうのだが透析を終えたばかりの身体では店まで行く自信はない。
クリニックに隣接している駅ビルの2階に花屋はあるけれど、そこまで行くには長い駅のコンコースを歩かなければならない。
リュックを背負って(透析の時の着替えが入っている)花束を持ってヨロヨロとコンコースを歩くのもなんだかなぁ・・・
色々思案した末に京王線の北野駅前に花屋があることを思い出した。
そこで八王子駅からバスで北野駅まで行って花束を作ってもらい、タクシーで帰る。

透析が終わってクリニックを出たのが7時45分・・・八王子駅前に北野駅方面に行くバスが停まっていたのでそれに乗った・・・計画通りである。
しかしバスが中々発車しないのだ…いやな予感がしたがともかく待つしかない。
バスは午後8時3分発・・・15分程で北野駅に着いた。
駅構内にある花屋に走ったが・・・すでに閉店しているではないか。
実はもう一軒近くの大きなスーパーの一階に花屋はあるのでそこに回ってみたがここもすでに閉店していた。

家に帰り着いたのが8時45分・・・今年は花束なしとなってしまったが一応努力だけはしたことを認めてもらった。
「透析直後でそんなに歩き回って風邪でも引いたら大変」と言われてしまった。
明けて今日、シアトルの娘より立派な花束が届いた。
シアトルの1月10日は今日なのだ・・・

今日はタカコサンは朝から初釜でお弟子が9人ほど来るので大忙し。




yodaさんの投稿 - 14:10:01 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック