"かたくら通信・就職"

01 / 12

かたくら通信・就職

3男タイキ







一昨日、突然富山の大学に通っている孫のタイキから泊めてほしいと電話が掛かってきた。
4月から東京の会社に就職するのでその部屋探しだそうである。
昨日はタカコサンのお茶の社中の初釜だったので5時以降ならOKという事で諾。
彼の会社は後楽園の近くだそうで通える範囲でなるべく安くて便利な所を探す。
私達夫婦としては出来れば我が家の近く・・・と思うのだがそれは無理な相談。
一昨日の夜行バスで富山を出て昨日の朝東京についてネットで探しておいた不動産屋に連絡を取って午前中には決まってしまったようだ。
当初は赤羽近辺を狙っていたようだが、物件がいずれも古く値段も折り合わないモノばかりだったそうだ。
そこで東京にこだわらずに埼玉で探したところ、川口の鳩ヶ谷を紹介された。
ここは地下鉄南北線で都心に直結していて始発駅なのだそうだ。
物件は新築で月に6万3千円だそうで入居のための諸費用が15万円。
今の相場がどのくらいなのか分からないが本人は気に入って決めてきた。
魅力は新築であることと始発駅で座って行けることだそうだ。

タイキは兄弟5人の中でちょうど真ん中にあたり上下のプレッシャーがあるはずだったのだが上手に切り抜けて一番手のかからない子だった。
大学は富山大学の薬学部を専攻したので、てっきり薬剤師になるのかと思いきや、研究職を選んで大学院に進んだ。
就職もその延長のようなところを選んで早々と内定をもらった。
兄弟5人の中で我が家の利用率が一番高く,上京の際は必ず泊まっていく。
昨年は友達を連れて泊まりに来たこともあり夏には大学のグループの人達6人で山荘に来て泊まった。
当初どのようなグループなのかよく分からなかったが・・・私達夫婦はてっきり男性6人と思っていたのだが、女性が4人と男性2人。
私は男が6人と思い込んでいたのでその時は山荘から八王子に帰って居たところ上記の構成と聞いてそれならお付き合いするのだったと残念がった。

彼の来し方を思うと一年間の浪人以外は順風満帆だった・・・その浪人も予備校の様な所に通わず自力で勉強したようだ。
おそらくこの子は自分の人生にうまく折り合いを付けてこれからも難関に直面しても乗り切って行くだろうと思う。
彼と話をしていて心地よいのは相槌の打ち方である。
「そうだね」と必ず返してくるのだ・・・逆らわずに相手を認めそれでいてしっかりと自分の道を歩んでいくのだろう。




yodaさんの投稿 - 17:32:18 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック