"かたくら通信・諸式値上がり"

01 / 13

かたくら通信・諸式値上がり

イチゴ







いよいよ暮れから買いためておいた食料品が底をついたので近くの生協に買い出しに行ってきた。
タカコサンは朝早くからお茶会に出かけていたので億劫ながら私が行かねばならぬ。
普段ならどうという事もないのだが空はどんよりとしていて霧のような雨が降ってきた。
生協での買い物は今年初めてかもしれない。
店内に入ると暮れとはガラリと品ぞろえが変わっていて、特に果物の種類が変化していた。
ミカンの売り場がかなり減ってそのかわりにイチゴが増えていた。
林檎は暮れの頃と変わらないが新種のリンゴは姿を消して「サンふじ」が主流となっていた。
青物もほぼ冬野菜が出そろっているが果物も葉物もおしなべて高い。
特に、イチゴの値段の高さには驚くばかりである。
数年前には気軽に買うことが出来たのに横目で見るだけとなってしまった。
特に年々新種が出てきてそれに高値が付きそれがすべてのイチゴの値段を押し上げているような気がしてならない。
葉物も高い・・・一束買っていたものを、少量束を買うことにした。
キュウリも一本、人参も一本、ピーマンも一個買いにした。
果物や野菜だけでなく肉類も値上がりしていた特に牛肉は切り落としでさえ手を出せない。
どうやら昨秋の消費税が上がったことがジワリと影響が出てきたようだ。
今年になってそれを理由に値上げをしている店が多い。
床屋が値上げしたし近くのラーメン屋も値を上げたようだ。

我らのように年金生活者にとっては諸式の値上がりは応える。
ほぼそれ以外の収入の当てはないのでやりくりするしかないのである。
加えて、私の場合は透析に関係する交通費がバカにならないのだ。
透析を終えて帰って来る時のタクシー代である。
バスは午後8時しかなく、バス停から家まで15分ほど歩かなければならない。
夏ならいざ知らず極寒の夜道を歩くのは辛いものがある。
幸い身体障害者1級と認定されたのでそれなりの割引はあるけれど週三回で毎回、千円近い出費は痛い。
これからますます少子高齢化が進み医療費など値上げの論議が進んでいるようだが、年金が上がるなどという事は皆無であろう。
思うに、今の日本は間違いなく二極化して富める者と貧しい者の差が激しくなってきているようである。
我等老人は置き去りにされていくのだろうか・・・・

今年のイチゴもおそらく口に入ることはなさそうである。
最高級品のイチゴが白い色をしていたのに驚いた。








yodaさんの投稿 - 11:32:59 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック