"好奇高齢者の生活と異見・流行病"

02 / 06

好奇高齢者の生活と異見・流行病

コロナウイルス







連日、中国が発症のコロナウイルスによる肺炎のニュースがエスカレートしている。
今日のニュースショーでは豪華客船の乗客たちの発症が中心であるが、14日間も拘束されるのは辛いものがあるだろう。
しかし、逃れようがない空間だったので何か伝染病の実験場の様な気がしてくる。
罹病した人には申しわけないけれど伝染経路をかんがえるヒントとなり、予防のためになにか役に立つかもしれない。
その一方、テレビのコマーシャルではこれから始まる豪華客船の旅の宣伝をしていたが、応募者などあるのだろうかと思ってしまう。
今日は武漢の帰還希望者のための第4便が飛ぶそうだが、罹病者がいないことを祈るばかりである。

私は今日、クリニックで処方してもらった処方箋を持って薬局に出かけていった。
クリニックの近くの薬局は混み合うので北野駅前の薬局で処方してもらう事にしている。
今日は木曜日なので近隣の医院が休診日であるからほとんど待つことなく薬を受け取ることが出来る。
処方を待つ間、店内にもしやと思いマスクはないかと見て回ったがもちろん高級品さえもなかった。
我が家ではタカコサンが常備しているので当分は大丈夫と思うが、何か昭和48年の石油ショックのトイレットペーパー騒ぎのことを思い出した。
今回は来日中国人たちの爆買いもあったようだが、ネットなどで市価の4倍ぐらいの値段で取引されているそうだ。
薬を処方してもらった後、それでもと、近隣にある100円ショップに行ってみたところ7枚で一セットがまだ残っていた。
私は本来マスクはよほどでないと付けないので、7枚もあれば十分で1セット購入した。
一応売り場にはおひとり様1セットにしてくださいと張り紙があった。
製品はかなりペラペラで簡単にウイルスなど通してしまいそうだ・・・ちなみに中国製。

いよいよウイルスが八王子辺りにまで蔓延してくるようになったら、私などはひとたまりもないので覚悟はしている。
高齢の上に透析を受けているような弱者で免疫力も低下している。
罹れば間違いなく肺炎になるであろう・・・
今回のコロナウイルスの予防はマスクもさることながら手洗いの励行だそうだ。
ともかく君子ではないけれど危うきに近寄らず・・・クリニック以外はなるべく出掛けないようにしようと思っている。
都心の方へのお誘いも当分断ることにしている。




yodaさんの投稿 - 16:28:43 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック