"八王子J散歩・野猿街道"

02 / 13

八王子J散歩・野猿街道

ロールケーキ







今回、橋本、南大沢を経て京王線北野駅までのショート・トリップを考えたのには訳がある。
先日教え子のTさん親子に連れて行ってもらった「車屋」に自力で行けるルートを試してみたかったのだ。
車屋は野猿街道沿いにあり実は今から40年ほど前はこの街道は私の通勤道路だった。
町田の鶴川の小学校に通っている時に我が家から車で通った道だ。
その頃はまだ多摩ニュータウンも発展途上で多摩の丘陵を削って新しい町がつくられていく様子をつぶさに見ていた。
南大沢などもほとんど原野に近かったように覚えている。

それはさておき、南大沢から北野に行くバスが出ていて、確か上柚木というところが「車屋」に近いのではないかと思った。
南大沢の駅前ターミナルからは北野方面に行くバスは10分おきに出ていて路線図をみると野猿街道を北上していることが分かった。1時30分発のバスに乗ることが出来た。
南大沢はニュータウンというよりも落ち着いた一大団地の様相で12階建ぐらいの建物が林立していて、そこに人々の暮らしがあることが不思議に思えた。
およそ10分程バスが行ったところで昔車で走ったことのある道路にでた。
その道を西の方に取れば鑓水に出て国道16号に合流する。
けれどバスは反対方向に走り5差路の様な所で野猿街道に合流した。

その時バスの窓から外を眺めるとずっと昔良く立ち寄っていたケーキ屋があるではないか。
「キング洋菓子店」佇まいはチョット小洒落た風になっていたが昔の雰囲気があった。
そこで、バスを降りて立ち寄ってみることにした。
実はこの店のケーキには特に思い入れがあったのだ・・・ロールケーキである。
今、いろいろな店で売っているロールケーキのほとんどが生クリームを巻いている。
けれど、この店のロールはクリームの代わりにジャムを使っていたのだ。
私の子どもの頃のロールはほとんどジャムだった・・・しかし今絶滅してしまったようだ。
バス停は柚木中央小学校前・・・そしてこのバス停がまた良いのだ。
トタン囲いで屋根に穴が空いていてレトロを飛び越えてしまっていた。
キング洋菓子店までは歩いて5分ほどで、店の前の看板に「ゆずロール」とあった。
どうやらロールケーキは店のイチオシの商品のようだった。
店に入ると,奥の方に背の曲がったご婦人が居て大きな声を出してようやっと気が付いてくれた。
ショーウインドの中には何種かロールがあって今風のモノと並んでアプリコットのロールケーキと名前がついていた。
私の記憶ではイチゴジャムだったような気がするが・・・ご婦人が言うのには「家では昔からアプリコットです」ときっぱり言った。
1000円札を出してお釣りが来た。
ちゃんとした細長い箱に入れてドライアイスも付けてくれた。
「車屋さんまでここから何分ぐらいで行けますか」と聞くと「5分もあれば行くと思います」と言った。
家に帰って早速賞味したが・・・まぎれもなく昔親しんだ味であった。
アプリコットの酸味がケーキの生地とよくマッチしていた。

今度は車屋の蕎麦と組み合わせてキング洋菓子店のロールケーキの楽しみが出来た。





yodaさんの投稿 - 16:08:46 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック