"好奇高齢者の生活と異見・基本方針"

02 / 25

好奇高齢者の生活と異見・基本方針

自己責任







いよいよ大変な事になりそうである。
政府から新型インフルエンザに関する基本方針が発表されたが、全てあなた任せで具体性がなく結局、自己責任のように読み取れる。
一昨日も書いたが学校で発症したら爆発的に蔓延していくことが予想される。
しかし、文科大臣は各都道府県に学校閉鎖などを要請するというあいまいな表現で濁している。
実はすでに子どもの発症もあり、教師も、給食調理員もと、連日のように新しい発症が報道されていて、すでに蔓延の兆しが見えてきている。
専門家によるとこの1・2週間が蔓延をくい止めるチャンスでこれを逃すと爆発的に広がって行くと予想している。
今、流行の兆しが見えているのだから発症していようがいまいが、国を挙げてすべての学校を休校するような措置を取らないと間違いなく社会全体に蔓延する。
好奇高齢者の戯言と取られても仕方がないが、国全体で阻止するような気構えがないとオリンピックなども幻の大会となるだろう。
この国の最高責任者は「この国を守る」と言いながらこのような未曾有な災禍に対して決断が出来ないのだろうか・・・
自分達は責任を取らないで官僚に任せて、官僚はさらに地方に任せて地方は現場に任せる。

何を書いても空しいが・・・とりあえず私自身はなるべく外には出掛けない。
出掛けて帰ってきたら今まであまりやったことがないけれど手洗いはする。
幸い、アルコール消毒液はあるのでちゃんとスプレーする。
ただ、2日に一度の透析だけは行かないわけには行かないので、空いているバスの時間帯に出かけるようにしている。
クリニックに誰かがコロナウイルスを持ち込んだら壊滅的な状況となるだろが、そうならないように祈るばかりである。

直近で人ごみに行かなければならない事がある・・・税金の申告である。
例年この時期であるが税務署はものすごい混雑である。
けれど今年は医療控除が多少あるがパスするか・・・と考えている。
あの人ごみの中に行ったらすでに蔓延期に入っていると言われているだけに絶対にウイルスをもらってしまうだろう。
税金申告時期をこの際だから延期することだってあって良いと思うのだが・・・

ともかく、多少お金の損はしても命あっての物だねである。





yodaさんの投稿 - 15:45:22 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック