"かたくら通信・満15年・卒業"

03 / 25

かたくら通信・満15年・卒業









全てのイベントが自粛ムードで、オリンピックも延期がほぼ決定の中「祝」はないだろうが、個人的な事なので祝いたい。
まずは、我がブログが今日をもって15年目をつつがなく終わる。
自分的には明日からいよいよ新しい年度が始まるというわけである。
さてそこで、奇しくも、昨日の夜から今朝にかけて我がブログの訪問者がちょうど340万人を超えたことだ。
昨夜、パソコンを閉じた時には339万9970人ぐらいだったのだが日を越えて340万となったようだ。
満15年でピッタリと340万人とは・・・偶然とはいえ何となく奇を感じるのだ。
ブログを書く行為は読者あってのことで、延べ人数であるにしろ340万人という数はすごい事だと思っている。
幸い、昨年あたりから読者の数が毎日1300人前後と安定している。
勝手な想像であるが固定的な読者が1000人ぐらいは居てくれるのではないだろうか。
本当にありがたい事である。
この数を励みに更に庶民の目線で書き続けて行きたいと思う。

もう一つ祝い事がある・・・孫のタイキの卒業である。
昨日、富山大学薬学部の大学院に行っていたタイキが目出度く卒業した。
岐阜に住む息子夫婦にとってこれが最後の卒業生となったわけだ。
息子は今から30年前に子どものいない吾ら夫婦の養子となってくれた。
すぐ上の姉の3男で私にとっては甥にあたる。
大学を卒業と同時に依田の姓を名乗り結婚もその年であった。
長男のリョウの出産もその年で彼等は岐阜で生活を始め今も続いている。
我等夫婦に子がなかった分、5人の子どもを授かった。
それもすべて男の子で4男・5男は双子であった。
5男のシンヤは我がブログの中に時々登場して宮大工の学校で学んでいる様子を報告させてもらった・・・今は工務店に勤めて日々修業の身である。
4人の孫たちはそれぞれ社会に旅立ってそれなりに自立しているようだが、ここで4月から3男が社会人としてのスタートを切るわけだ。
なんと言っても偉いのは息子夫婦、特にお嫁さんのミカさんに頭が下がる。
いろいろなやりくりをして子どもたちを育て上げた。
今から5年ほど前に息子が倒れ重篤になった危機をも乗り越えて最後の卒業を迎えたのだ。
どんなに感謝してもしきれない思いである。
これからは自分たちの人生をより豊かにするように願うばかりである。

感謝・感謝!!!!






yodaさんの投稿 - 10:44:22 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック