"好奇高齢者の生活と異見・必要不可欠な人材"

05 / 21

好奇高齢者の生活と異見・必要不可欠な人材

不要不急







昨夜、透析が終わってヘロヘロになって家に帰るとタカコサンが玄関まで迎えてくれた。
「黒川さんが賭けマージャンで文春に出るそうよ」
開口一番、興奮気味に言った・・・どうやら最新のニュースであるらしい。
普段はめったに政治むきの事については発言しないのだがやはり今の政権のあり様については許しがたいモノがあるのだろう。
それにしても黒川さんはしてやったりではないか。
検察のトップに登ろうとしている人が「賭けマージャン」とは・・・
この国では一応、賭けマージャンは禁止されているはずである。
これが彼の不要不急なのか。
お金をかけてやるのは違法で罪に問われるはずである・・・もしかしたら法曹関係の人は抜け穴を知っていて罪には問われないのか。
黒川氏についてはその業績はあまり知らないけれど今の政権にとっては「必要不可欠の人材」で彼のためにワザワザ法律を曲げてまで定年を延長し行く行くは検事総長にもなろうかという人だそうだ。
そしてアベさんはそうではないと言っていたが定年延長の法律まで作ろうとして頓挫。
もしかしてこの週刊誌のニュースが事前に官邸に入ってあわてて法律の成立を断念したのかもしれない。
黒川さんの黒い噂についてはいろいろあるようだが、何と言っても安倍政権に忖度して幾つもの罪が不起訴になったとも聞く。
それが「必要不可欠の人材」の正体なのかもしれない。

私は黒川さんの正体もさることながら、一諸にマージャンをした人達の方が問題だと思う。
産経新聞の政治記者はさもありなんだが、新聞社としては両極にある朝日新聞の元記者であるという事に驚いた。
お互いにたたき合いをしてるのに裏では手を組んで仲良しさんなのか。
検察のトップと新聞記者が馴れ合う事にも驚きを隠せない。
おそらく「国の大事」もダダ漏れとなってしまっているのではないだろうか。
もう一つこのような大事を新聞社ではなく、文芸誌などを発刊する出版社の週刊紙がスクープしていることである。
新聞社の信用も失墜。
とかく芸能人の不倫関係を暴き「文春砲」などと揶揄されることもあったけれど、今回は快哉である。
もしかしてこの記事によって評判の悪い政権が崩壊したりして・・・
でもトップが辞めても次なる人は庶民のことが全く分からない困ったチャンだ。
今回も何とか言い抜けをしながらまだ政権はつづくだろうなぁ・・・・

コロナを早く終息させて世の中を刷新してほしいものだ。
そのためにはやはり国民一人一人の意識が変わらなければならないだろう。





yodaさんの投稿 - 15:47:11 - カテゴリー: 依田先生の徒然日記
コメント
コメントはありません
コメントを追加
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
トラックバック